ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

栗のマカロンとパン

f0131641_23382691.jpg

本格的に秋到来の雰囲気。お彼岸も過ぎてしまいました。
月が二桁を数えるようになってくると、そろそろクリスマス支度をせねばと気持ちは向かいます。
ラジオショッピングではおせちの予約もとうに始まっているし、あせるなあ。なんだかなあ。

マカロンも、秋らしくなってきています。
写真は栗のマカロン。
マロンペーストとラム酒を混ぜ込んだバタークリームをはさみました。商店街のときにも作っていたマカロンです。なつかしい。

お久しぶりのお目見えです、どうぞまたよろしくお願いいたします。


パンも、いつものベリーや柑橘に加え、今週は栗とチョコチップのカンパーニュを焼いています。
カヌレも焼きます。
こちらもぜひ。



栗といえば家の裏に栗の木があって、どうやら先住の方が植えたらしいのですが、見るからに大豊作です。
まだまだ青々としているように見える中に、ちらほら茶色っぽいイガも。もう少ししたら、草を踏み越え踏み分け、収穫に行ってみよう。


f0131641_23385277.jpg
ご注文があり、今週はよくマカロンを焼きました。
こちらはマカロンの皮が焼きあがったところ。ピンク色の木苺さん。
f0131641_23390436.jpg
クリームをはさむ前、整列中。


f0131641_23392232.jpg
庭のバジルが開花。
切ったものを水に挿していたら元気な根が出たので、土におろしてみました。
たくさん増えるといいなあ。













[PR]
by kobatoyakigashi | 2014-09-25 23:30 | 試作新作 | Comments(0)

いちじくマフィンとカヌレ

ここ最近、お問い合わせが続くカヌレといちじくマフィンですが、記事にしておきながら紛らわしくて本当に、ほんとうに申し訳ないのですが、焼いたり焼かなかったりで、必ず店頭に並んでいるわけでは、ありません。すみませんー。

20日(土)・21日(日)は、カヌレを焼きます。
いちじくマフィンは、まだわかりません。あーすみません、ほんと。

できれば、お電話などでご確認くださればと。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。










[PR]
by kobatoyakigashi | 2014-09-19 22:52 | おしらせ | Comments(0)

いちじくとカヌレ

f0131641_11260498.jpg

連休最終日、本日営業中です。

久しぶりに、少しですがいちじくマフィンとカヌレが出揃いました。バニラや玉子、ラム酒や蜜蝋のよく焼けた甘い香りが漂っています。すーはーすーはー。焼き菓子のおいしい季節になってきました。









[PR]
by kobatoyakigashi | 2014-09-15 11:32 | 試作新作 | Comments(0)

りんごのケーキ

f0131641_00454736.jpg

《営業日のおしらせ》

9月12日(金) 喫茶・販売
9月13日(土) 喫茶・販売・限定ランチ
9月14日(日) 喫茶・販売・限定ランチ
9月15日(月) 祝日のため、営業いたします(喫茶と販売のみ、ランチはお休みです)

よろしくお願いいたします。


今週からの新作ケーキはりんごのケーキです。
スポンジ生地・りんごのババロア・りんご煮、が層になったケーキ。
そろそろ焼き菓子が食べたくなってくるような涼しさの中で、いち早く出回る青森のつがるりんごを使いました。まだまだ酸っぱいけれど、暑さの残る初秋にはふさわしいかと。

ほかにもごそごそ粉を使ったお菓子の新作をお出ししています。が、それはまた、おいおいに。
取り急ぎ、おしらせでした。









[PR]
by kobatoyakigashi | 2014-09-12 23:45 | 試作新作 | Comments(0)

無花果の季節になりました

f0131641_15580975.jpg
産直をのぞくと、最近はぐっと種類を減らしてきた夏野菜とは対照的に、果物がたくさん。
中でもいちじくは山盛りに盛られています。季節です。

生のものはタルトに焼き込みますが、一台のタルトに焼き込めるいちじくの数などたかが知れています。収穫期というのはその程度の消費ではとても間に合わないので、保存のためにジャムなどが主にせっせと煮られ、しかしこれまたジャムというもの、一度にたくさんは食べられません。すると、
→瓶は日増しにふえる一方
→ジャムを消費しきれないまま翌年のシーズン突入
→ジャムの瓶は日増しに

ということがだいたい毎年繰り返されて、気づけば瓶はカビの温床になっていたりで、いかにももったいない。いちじくに対して申し訳ない。ぜひ食べ切ってさしあげたい。
という思いもあり、今年はいちじくをビスコッティに焼いてみたのでした。

いちじくのジャムをたくさん混ぜ込んだ生地がオーブンで焼かれるにおいは格別、と思いながら作りました。控えめではありますが、本当はとてもたくさんのいちじくが使われています。スライスアーモンドや全粒粉と組み合わせて、ざっくりした味わいを出したく。
お見かけの際は、どうぞよろしくお願いします。

もうひとつ、いちじくのお菓子は定番のいちじくタルトも焼いています。
アーモンドクリームと生のいちじくとのコンビ。気づけばどちらも相方はアーモンドなのでした。そして味わいはそれぞれ。











[PR]
by kobatoyakigashi | 2014-09-07 16:24 | 試作新作 | Comments(0)