ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

両面焼きのパン

f0131641_1040992.jpg

久しぶりにパン生地を手でこねてパンを焼きました。
実家にいたとき以来ですから、おや4ヶ月ぶり。

プレーンのとオリーブ・黒胡椒入りの2種類。いつもの堀井和子さん配合で、インスタントドライイースト使用、粉も380gという少なめで気軽なスタートです。
これは単に今家にあるボウルが小さいからなのですが、そういえばゴムべらもないし、菓子やパンをちゃんと作るにはあれこれ道具が足らないのだけれど、大きいボウルがなければ鍋でもこねられるかとかないならないでなんとか工夫しようとするので、「道具がない」は確かに不便だけれど、自宅でちまちまと作るぶんには大騒ぎするほどのことではないのでした。店だとさすがにこうはいきませんね。

そういえば檀一雄の本でトンポーロか何かの作り方で「ドンブリに入れて蒸す」とかいうくだりがあったのを読んだときに、妙に納得したことがあります。ボウルが家庭の調理器具として一般的ではなかった頃はふつうにドンブリが調理器具の役目も果たしたのだなと。機能的じゃなくてもそれでじゅうぶんなのだ。

f0131641_1040283.jpg

オーブンがないので(これは致命的ではある)、ホットプレートで焼きました。いや正しくはホットプレートで焼いてみたかった、のです。

一次発酵まではいつもどおり、最終発酵はプレートに並べてふくらむのを待ちます。もういいかなというところで電源を入れて200℃で。途中ひっくりかえすとよく焼けていたので180℃に下げました。時間にして全部で15分くらいでしょうか。いちおうなんとかパンらしきものになりました。半分に割ってトースターでかりりと焼いて、いただきマス。
写真は最終発酵完了の生地。丸いパンをたくさん作りました。やっぱりパンを焼くのはたのしい。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2012-09-13 22:55 | おしらせ | Comments(0)

木のおさじ

9月ですね。朝晩が気持ちよく過ごせるようになってきました。
先日、強力粉をスーパーマーケットのかごに放り込んでいる私がおりました。
何をするつもりなのか。パンです。まだ昼間は暑いからなぁ、いやでもこの気温を活かしてこそ。脳内でこんな独り言。作れるかどうかはまぁさておき、粉の買い置きがあるとなんとなく安心するのです。

先日、奥山貴之商店が珍しくこんなものを作って帰りました。
f0131641_172415.jpg
木のおさじ。小さいのは赤ちゃん用。
f0131641_17241034.jpg
右端のおさじでわかりますでしょうか。裏にちょこりと直線をあしらっています。「直線の奥貴商店」健在です。まだ試作段階で、商品化する予定は未定らしいですが。
私としては、茶碗蒸しを食べるのによさそうな小さめのおさじも作ってもらいたかったりして。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2012-09-03 22:50 | おしらせ | Comments(0)