ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日々の昼めし 25

f0131641_1333442.jpgおむすび
オム焼きそば
(前日焼きそばしたのの残りにうす焼き玉子をぺろりとかぶせた)
f0131641_13335692.jpg焼きおむすび(炊き込みごはんを冷凍しておいたもので)
オムレツ
胡瓜塩もみ、もろみ味噌かけ
トマト
f0131641_13341027.jpgパン
鶏の唐揚げ
ししとう焼き浸し(ししとうを胡麻油でいため、だし醤油にひたしておく)
焼きなす 生姜添え、酢醤油かけ
f0131641_13342019.jpg鉄火巻き(まぐろのヅケの残りで)
かぼちゃのそぼろ煮
いんげん胡麻和え
f0131641_13343961.jpg水餃子(前日の餃子の残りで) 酢醤油で
きゅうり 塩もみして切っただけ
f0131641_13345042.jpgバタつきパン
鶏肉とじゃがいものローズマリー風味
オムレツ(えび、ちくわ、玉ねぎ、にんじん、ピーマン)


うむ、夏の食卓。
暑い季節は生野菜をぱくぱく食べる上、調理にかける時間がてきめんに短いです。揚げ物はかろうじてする。煮物をめったにしなくなる。そしてここに載せている何倍もトマトやきゅうりやピーマンやなすを食べまくっていました。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2011-08-29 22:50 | めし | Comments(0)

ネクタリンのタルト

f0131641_2241296.jpg

ふたたびのネクタリンのタルトです。去年も確か何度か焼きました。木鳩屋でこれまで提供したネクタリンのタルトは2種類あって、アーモンドクリーム(万能)とあわせるタイプと、玉子と生クリームなどを混ぜ合わせたフラン生地とあわせるタイプがあり、こちらはフランのほう。ほんのり甘い茶碗蒸しのようなといえば少しは近いでしょうか。ほわんとやさしい印象のタルトです。

私はなかなかのネクタリンずきなので、切ってそのままぱくぱく食べるのが一番しあわせ。でも焼きこんでお菓子にもしたい。それはそれでまたおいしいのです。

8月中はさすがにバタ臭い(菓子屋とてそのように思う)タルト類を焼き控えてしまうのですけれども、9月が見え秋も近まる気配がしてくると、梨だのぶどうだの栗だのりんごだのとあれこれタルトを焼かねばという気になってくるのでした。タルトの季節到来までもうすぐ。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2011-08-26 22:55 | 試作新作 | Comments(0)

お盆のパン

f0131641_1722483.jpg

立秋とか。よい響きです。暑さは相変わらずですけれど、確実に秋が来ていると思うとやはりうれしいです。

暇な夏季において、お盆期間中は比較的繁忙期でした。暑い中お運びくださった方々、ありがとうございました。雑貨店をしている友人と「この時期は来てくれるだけでありがたい思いがする」と頷き合う。「出かける」というエネルギーは相当なものです。と出不精の私などは思う。

お盆も終わりかけに、フランスパン粉を使ったパンをいくつかまとめて焼きました。先日も参考にさせていただいた『フィリップ・ビゴのパン』より、ポーリッシュ法のカンパーニュというもの。
ポーリッシュ法とはごく少量のイーストを混ぜた生地を一日かけて発酵・熟成させ、翌日に新たに配合した生地と合わせてこね焼き上げる方法、のようです。パンの巨匠S子ちゃんに「発酵生地作っといたの混ぜたら全然違うよ、おいしいよ!」と耳打ちされたのが印象に残っていたので、本をめくりつつポーリッシュ法とやらに目が吸い寄せられたのかもです。

ビゴさんの本では1キロの粉に対しインスタントドライイーストは2グラムでした。少ないイーストで時間をかけて発酵・熟成させることによって、味がよく日持ちのするパンになるとのこと。ほう。それが写真のパンたちです。
カンパーニュ、エピ(パンチェッタ入り)、フロマージュ(カマンベール)の3種にしました。生地にはライ麦と全粒粉が配合されているので茶色くハードな仕上がりです。

できるだけがんばってビゴさんの書かれるとおりに焼いたのですが、結果はあれこれと破綻の目立つパンになってしまった。味はよいです。ただなんというか出来上がりの感じに不慣れさが顕著で我ながら目を覆います。(写真ではわかりにくいのが幸い)
たった一回やってみたくらいではさっぱり何もつかめません。体力のあるときにまたじっくり向き合って作ってみたい。まだまだできないことや知らないことがたくさんあるというのはよいですね。その克己心??を菓子にも向けねばー。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2011-08-15 22:20 | 店話 | Comments(0)