ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あんずのタルト

f0131641_21194158.jpg

今年は実家のあんずが大豊作です。(去年はせいぜいお鍋一ぱいぶんだった)
捥いでも捥いでも枝のはちっとも減らないのに手にさげたスーパーのふくろはすぐ一杯になる。

あんずをお砂糖とゆるく煮たソースを何度も作っているうちふと、こんなにあるんだからタルトにもいいなと思い生あんずを使ったタルトを焼きました。
あんずは半分に切って種を取り、はちみつで軽くマリネしてからアーモンドクリームを詰めたタルト型にのせて焼きあげます。あんずのすっぱいのとクリームのコッテリがよくあう。ここのところの湿気と暑さでぐんにゃり気味の頭がしゃっきりしました。季節のものはおいしいのです。どうぞお試しを。

大量のあんずソースはヨーグルトのおともにとてもおいしいです。だばだばにかけて食べます。牛乳を混ぜて凍らせるとさっぱりしたジェラートができる。そして大量の種もとれるので、割って杏仁をとり杏仁豆腐もすてき。とてもよいかおりです。あんず万歳。
それでもそれでもまだまだ収穫は続いておるのですが。ちなみに母はあんず酒とあんずシロップを漬けておりました。ドライあんずなどもしてみるとよいかもしれない。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2011-06-24 22:40 | 試作新作 | Comments(0)

日々の昼めし 23

f0131641_17561028.jpg穴子飯
(焼き穴子、紫蘇のせん切りと砂糖醤油のたれを混ぜたごはん)
キャベツ、セロリ、にんじんのコールスローふう
(マヨネーズ、粒マスタード、酢を混ぜたドレッシングであえる)
f0131641_1756313.jpg牛丼
(玉ねぎ、牛バラ切り落とし)
小松菜としめじの煮びたし
f0131641_17564740.jpg鯛めし(いただきもの)
かぼちゃとさつまいものそぼろ煮
さわらの味噌漬け焼き
(さわらに味噌・酒・砂糖を混ぜたものをなすりつけて密封し一晩くらいおいてから焼く)
f0131641_17565752.jpgホイコーロ焼きめし(豚肉とキャベツの味噌炒めの残りとごはんを一緒にいためる)
かぼちゃのそぼろ煮
おから
(糸こんにゃく、舞茸、にんじん、油揚げ)
f0131641_17571187.jpg豚キムチ焼きめし
(豚キムチ、キャベツ、玉ねぎ、にんじん炒めの残りとごはんを一緒にいためる)
つくしの玉子とじ
f0131641_17572112.jpgごはん
マーボーなす(豚ひき肉、なす)
菜の花、ハム、しめじの白和えふうサラダ
f0131641_17573085.jpg鶏ごぼうの焼きめし
小松菜の胡麻あえ

焼きめし率高し。それも店でいちから作っているわけではなく、前日の残りを炒め合わせて焼きめしにというパターンがとても多いです。それでそういう残り物料理がけっこう好きだったりします。質素に育っております。

おから、私は舞茸と糸こんが入らないといやなのです。なぜかというと舞茸の風味がよろしいのです。糸こんにゃくは単に好きな食材。短冊やサイコロよりは糸状が好み。冬場の鍋なんかでも糸こんにゃくから食べてしまいます。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2011-06-07 20:55 | めし | Comments(0)

グラノーラの初夏

f0131641_22561227.jpg

初夏です。気温が上がってきました。そろそろ朝食につめたい牛乳がかかったシリアルを食べてもおいしい季節と思い、グラノーラを今年も作り始めました。去年と同じ、スパイスチャイになるグラノーラです。
蜂蜜となたね油をかけてローストしたオートミール、アーモンド、かぼちゃの種、胡麻にシナモン・ジンジャー・ナツメグ・クローブ・カルダモンのスパイスを足します。ドライフルーツはクランベリーとラム漬けのサルタナレーズンを混ぜました。牛乳をたっぷりかけて、こりこりしゃくしゃくお匙ですくって食べます。そして最後残った牛乳にはスパイスがよくしみてこれもまた乙な。あるいはヨーグルトにアイスクリームに混ぜたり、もうひと手間と思えば溶かしたチョコでかためたり、パン生地に混ぜて焼いてみてもおもしろいかも。いろいろどうぞお試しくださるとうれしいです。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2011-06-06 22:40 | 試作新作 | Comments(0)