ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

パン三昧

f0131641_23115454.jpg
f0131641_2312097.jpg

パンの巨匠S子ちゃんが遊びに来てくれたので、焼いてもらうことに。
シナモンとチョコチップと蜂蜜漬けヘーゼルナッツとクランベリーのパン。どーんと食パン型で大きく焼いてもらう。中身も量も何もそこまでというくらいがんばって詰め込んでもらいました。断面はこのようにチョコレートがたっぷり。おやつにしたいくらいのパンチ溢るるパンになりました。
こね方のこつや生地状態のみきわめなど、あらためてこまかく教わる。そのどれもが理路整然としていて、すごいと思いました。それにひきかえ俺の菓子作り、なんと適当なことか。


f0131641_23121245.jpg
こちらはすももをたくさん頂いたので、酵母を起こしてみようと蜂蜜入りの水に漬けたもの。
折よく巨匠もいらしたので、あれこれとアドバイスを頂戴しながら仕込み始めました。
漬けたばかりなので水がまだ透明です。
f0131641_23122129.jpg
2日目。
すももの皮の色で水が赤くなった。ほんのり発酵臭がする。よいかおりです。少し泡が立ってきました。
ちょっと力が弱いかもと思い糖分を足す。蜂蜜を混ぜました。
f0131641_23123181.jpg
3日目。
すももが浮いてきた。表面の泡もぶくぶく増えています。
この酵母液を漉したものを生地に混ぜて焼きますと、
f0131641_23124059.jpgこんなパンに。
表面のクープが癒着してしまい、焼いている途中で思いがけないところがぶりんと膨らみこんなかたちに。オカリナのようにも見える。かわいい。
試食してみたところ、特にくせのないやさしい味のパンになっていました。
酵母液にはこののち粉と水を段階的に足して、元種として保存中です。


(パン、これだけ作ってもまだまだ修行中です。
販売はしておりません。まことにあいすみません。)
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-06-27 23:39 | 試作新作 | Comments(0)

あんず抄

f0131641_21415893.jpg
あんずをいくつか収穫できましたので
f0131641_2142434.jpg
半分に割って種をとり
f0131641_21421224.jpg
ジャムを煮ました。
f0131641_21421883.jpg
種を割って杏仁をとり
杏仁豆腐もつくりました。
とてもよいかおり。
うっとりです。
f0131641_21422421.jpg
あんずジャムをちょろりとかけて
いただきました。
おいしかった。
まかないおやつでした。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-06-22 22:45 | 店話 | Comments(4)

ちどりのスコーン

f0131641_21324392.jpg

ライ麦粉からおこした酵母を使ってスコーンを焼きました。全粒粉を多めに配合して生地をつくっておき、2日ほど冷蔵庫で休ませてから焼成。焼き上がりは酵母のどことなくお酒のような果物のようなかおりのするものになりました。とりの型で抜いてみた。まるまるふとった千鳥さんになったことであった。この週末、店で出しています。

イーストで作るよりは、こっちのほうが思う食感に近いような。天然酵母もイーストもまだまだたくさん試してみないことには腑に落ちた感じがしないので、ぽつぽつ折をみて勉強しようと思います。ひじょうにスローペースですが。

f0131641_2133372.jpg

こちらは本日のお誕生日ケーキ。
ラズベリーがちょうどよく収穫期なので、表面にふんだんに飾る。中はラズベリーとバナナをはさんだチョコレートクリームのショートケーキ。古い友人のお嬢さんで、毎年のようにお誕生日ケーキを作らせてもらっています。もう6歳なのね。背がずいぶん伸びていました。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-06-19 22:30 | 試作新作 | Comments(0)

黒猫

f0131641_2042542.jpg

黒こにゃんこをほんのちょっとの間預かりました。うちは諸事情あってどうしても飼えないのですけれど、やっぱり猫はかわいいなぁ。駐車場でのらは見かけるけど今さわれる子がいないのです(クロさんは天に召されてしまった)。ここぞとばかりに遊ばせてなでまくりさわりまくる。あぁかわゆい。
じっとしていないのでこんな写真しか撮れなかった。紙で遊ぶのがすきらしい。

f0131641_20444936.jpg

お誕生日ケーキ2種。
こちらはN.Y.チーズケーキ。「大きく37と」というご注文に、本当にいいのか躊躇しながら生クリームをちまちまと絞ってキラキラのアラザンでかざる。ミントをあしらいました。この「ミントをふせてあしらう」というのはあるデザート本に掲載されていた飾り方で、見た瞬間衝撃が走ったほどのエレガントさでした。私が同じことをしても同じようなあのエレガントさが出ないのはなぜなのでしょう。

f0131641_20443732.jpg

こちらは苺ショートケーキで。「クッキーをのせたケーキ」ということで松の実のクッキーをかざる。生クリームをまるく絞ると真珠のようにも見え、かわゆらしいのでよくこうしています。絞り加減によっては雲のようにもできるのがたのしい。
苺の季節がついに終わり、悩めるショートケーキの季節到来です。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-06-16 22:40 | 店話 | Comments(0)

日々の昼めし⑮

f0131641_21101499.jpgフランスパン(カマンベールチーズ入り)、
スープ(鶏肉、春キャベツ、たまねぎ、にんじん、とうもろこし)
f0131641_21102955.jpgアスパラガスとハムのパスタ

この頃、アスパラガスの収穫期であった。
f0131641_21104263.jpgおむすび、
焼き餃子(前日の残りを焼いた)、
サラダ(茹で玉子、トマト、きゅうり、キャベツ)梅味噌ドレッシングかけ

何年ものかという梅味噌ドレッシングを頂いたので、かけてみた。香りがよくおいしい。
f0131641_21105369.jpgごはん、
ひじきと大豆の煮物、
スナップえんどう、
プチトマト、
茹で玉子カレー醤のせ、
ミックスピクルス


f0131641_2111398.jpgねぎと玉子の中華雑炊

鶏がらスープのもとを使って残り物一掃雑炊。ごはんはおこげがたくさんできたときに食べきれず冷凍しておいたもの。

雑誌に紹介されていたカレー醤(かれーじゃん)というのをカレー屋さんを生業とする友人が作ってみたとかで、おすそわけにあずかる。にんにくたっぷり、カレー味と味噌の融合で、すごくおいしい。ごはんのおともに、茹で野菜に、玉子に、豆腐に、魚に肉に、いろいろたのしめます。販売してくれればいいのになぁ。

パンはご近所のビーバーズベーカリーのもの。ここのフランスパン生地はシンプルであきない。おいしい。カマンベールチーズ入りのは葉っぱのような形で、おいしいので見かけるとつい買ってしまう。明太子入りやコーン入り、ソーセージ入りなんかもよく食べる。パン屋に入ってバゲットがあったらいつも全部買い占めたい衝動にかられるのです。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-06-08 21:32 | めし | Comments(0)

セイミヤナオブミ

f0131641_20481470.jpg

なんとなく気になる展示だったのと「きっと好きだと思う」と言われたのが決め手となって見にゆきました。倉敷市立美術館で開催中の企画展「清宮質文(せいみやなおぶみ)展 遠い日をおもうために」。とても、よかったです。写真は図録の表紙。

「セイミヤ」という響きがなんだかまるで賛美歌の歌詞か何かのようで、静かな印象をあたえる名前そのままに、しんとした作品たちでした。絵のように見えますが木版作品が多いです。作成過程の色あわせメモや手書きの文字もよかった。蔵書票や年賀ハガキもあって、とてもかわいらしい。いくつもの青、いくつもの緑、摺りと紙質のバランスなど、ずっと見ていたかった。この企画展はおそらく巡回展ではなく倉敷市立美術館独自のものなので、その点でも貴重な展示ではないかと思います。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-06-02 22:35 | 課外活動話 | Comments(2)