ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

4月より

トップページにてもお知らせしておりますが、
4月より営業時間及び休業日を変更いたしました。

営業時間:11時頃より18時頃まで
月・水休み(仕入れ情況によっては月・火・水休み)

になります。
火曜日に開けるか閉めるかは不定ですので、
大変申し訳ありませんがホームページかお電話でご確認をお願いいたします。
ご不便をおかけします。よろしくお願い申し上げます。

仕入れが安定しないのはいずこも同じ?
ニュースで見ましたが、ガソリンを業者から卸してもらえなくて困っている配送事業所があるとか。いろいろなものが値上がるというし、しかもそれがいつまでもいつまでも続くような雰囲気だし、製造小売はますますきびしいなぁ。誰だって値上げなんてしたくないものな。

私が営業時間帯などを変更することにしたのは、仕入れ不安という理由が最も大きいのですけれど、開業して2年半を過ぎて最初の頃のわけのわからない勢いも落ち着き、それと同時にだんだん「ちょっと息切れしてきたかな?」と思うことが多くなったからです。
なんとなく自分に余裕がなくて、慌しくしたり怒りっぽくなったりすぐ疲れたり。

そんな気持ちで無理やり作り続けることは、店を続けるためにいいことではないと判断しました。自分の店を開け続ける、というのは、楽しいとか好きとかいう気持ちだけではできないのです。それらがなくてはそもそも1ミリだって戸は開けられないのですが、それ以上の何か。意地とも似ているようだし、誇りというと大げさだし、一言ではあらわせない何かです。
ほんとうに我儘勝手なのですが。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-03-31 22:24 | 店話 | Comments(0)

28日(金)は休業します

今月末は、29日(土)・30日(日)に営業いたします。
明日28日(金)は勝手ながら休業いたします。


悪しからずご了承くださいませ。
ほんとうにすみません!

f0131641_002290.jpg土日の営業再開にむけて、只今鋭意焼成中です。
その間をぬって、岡山市のギャラリーに足を運びました。
三人展。

テラコッタとブロンズと琉球石灰岩という、三者三種類の素材です(DMはブロンズ)。いずれも心ひかれる素材。居心地のよい日本家屋の中で、それぞれがお互いを損なうことなくちょうどよい距離感で共時…という作品展でした。

作品を展示してある室内をぐるりと見渡していると、物語がありそう、とか、音が聞こえてきそう、と思いました。
壁にかかっていた石の風船がすてき。
石を彫るのって大変な仕事なんだろうなぁ。

彫刻展 春のうた

永岡かずみ テラコッタ
濱元朝和  ブロンズ
福長香織  琉球石灰岩

29日(土)まで
11:00~19:00
ギャラリーさとう
岡山市門田屋敷1-7-26
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-03-27 22:25 | 店話 | Comments(0)

バターにうなされる日々

営業日および営業時間の不定が続きまして、ご不便をおかけいたします。
台所事情を暴露いたしますと、

①次の仕入れでバターが全く入らなかった場合、3月は残り全休
②次の仕入れでバターが少しでも入った場合、3月最週末(金土日入荷数によっては土日のみ)営業可能

という情況になっております。いずれにしろ困ったものだ。自分なりにいろいろ工夫はしているのですが。バターを使わないお菓子を多めにするとか。それでもどうしたって限界というものがあります。
周囲にも「こういう事情なので休むしかないんよね」と話すと、「なんてひどい話!」と眉をひそめられます。まぁうちのような個人零細店は何事も自分次第ですのでまだよいのですが、従業員を抱えていたら大変だろうなぁ…と思います。
はやく4月にならないものかしら。

そんなように店はきゅーきゅーですが、思いがけず時間ができたこともあり、個展や企画展にちょこちょこ足を運んでいます。美術館なんてまず行けないので、岡山県立美術館で開催中の「表装の美」展を見て来ました。

f0131641_23145648.jpg図録の表紙。明朝体のツメをくるっと丸くしているのは軸だからなのだろうか。

地味なことこの上ない企画展ですが、表装に使う料紙や裂をまとめて展示してあったり、軸物ずきには心躍る展示です。

そんなつもりはなかったのに、「浄瑠璃寺本尊胎内印仏・阿弥陀如来」を見てついこの図録を買ってしまった。消しゴム判子熱が再燃しそう。
おそれおおくも彫ってみたし!阿弥陀如来。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-03-23 23:33 | 店話 | Comments(0)

お知らせなど

ホワイトデーが終わりました。
ご注文、お買い上げくださった方々、ありがとうございました~。

終わってみれば、一年で一番ライブに忙しい一週間だったような気がします。
あ、もちろんライブハウス通いとしたという意味ではなく、つまり、たとえばクリスマスは基本的にケーキのご予約が詰まってくる忙しさで、たった今!しかもたくさん必要!という忙しさではないのです。忙しさにも時間差がある。
ホワイトデーもそりゃもちろんご予約は頂戴するのですけれど、それ以上になんというか袋詰めクッキー類をまとめ買いなさったり、ギフト詰めの方が途切れることなく続くというところがちょっと違います。ラッピングをいったいいくつこなしたのであろう…。私はラッピングが実は苦手です。好きなのですが下手なのです。以前にくらべれば多少は上達したと思うんだけども。

トップページにもお知らせしておりますが、3月後半はしばし充電の時間をとろうと思っています。
というのが、体力的・精神的理由もあるのですが、一番の理由は材料不足。
マスコミも報道しているとおり、今国産バターが非常に入手しにくくなっています。ホワイトデー分はなんとか確保できましたが、3月後半店を開け続けられるほどの在庫となると心もとないのです。代替材料を使うことにはどうしても抵抗がありますし、かといってバターを使わないお菓子ばかりを作ることもままなりません。4月になればまた情況も変わりますので、それまでしばらく変則の営業時間にすることにしました。
週の前半はお休みにして週末だけ営業の予定ですが、材料が仕入れられるかどうかで変更することがあります。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解くださいますよう。

せっかくですのでまとまった時間のとれるこの機会に、新しいお菓子を試作したり、やってみたかったことをいろいろ試してみようと思っています。

大変勝手を申しますが、よろしくお願いいたします。

f0131641_22173799.jpg最近のお買い物、雨宮弥太郎さんの硯。
良弁型というそうです。
小さくてかわゆらしい。

黒くてすべすべしてひやっこい。
するっとしたきれいな曲線。

硯箱探さにゃ!墨買わにゃ!筆買わにゃ!とおどりまくりの心。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-03-17 22:28 | 店話 | Comments(0)

苺を焼いています

f0131641_21584255.jpg確定申告が無事終わり整体にも行って、身も心も軽い今週です。「なんだかさっぱりした顔つきね」と言われ「申告が終わったんよ!」と答えると、みななるほどと深くうなずく。それほどに共通する「申告」という自営業者同士の暗い合言葉…。
ともあれ、これでまた今年も気分新たにやっていけそうです。

写真は週末の一般的なレジ横メニュー。
スコーンとマフィンとカヌレ。だいたいこのへんが2、3種類出ています。
これは苺のスコーン(左奥)といちじくのマフィン(中央手前)、それに黒いのがカヌレ。

苺といえば、ずいぶんお安く買えるようになりました。クリスマス頃の半値くらいになっています。ハウスの次は露地物が出回りますので、しばらく苺の季節が続きます。
生で食べることの多い苺ですが、こうしてスコーンに混ぜて焼くと意外にも香りがたっておいしい。苺のバターケーキというものもあるくらいですものね。また折を見て試作してみたい。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-03-07 22:27 | 店話 | Comments(2)

木苺・黒すぐり、そして猿

f0131641_2124962.jpg今月のマカロンです。

2月から引き続き木苺(ピンク)、そして3月はカシス登場です。2月中にも一度試作段階のものを店で出したので、すでにご存知の方もおありでしょう。

ムラサキ色です。もっと赤っぽいほうがいいのか青っぽいほうがいいのか、色を出すとき毎回悩むのですが(つまり毎回微妙に色が違うのですが)、この写真では中間どころの紫ですね。

どことなくワイルドな味わいのカシスクリームがおいしいです。
このクリームはびっくりするような発色をしていますが、これはカシスの色素なのです。底力のあるベリー色素には毎回感心してしまう。


f0131641_219202.jpgそれでもって今日のまかないパンがこちら。
なんとなくパンを焼こうと思って、とりかかったらモンキーブレッドになりました。
表面の砂糖+バターが、じゅわっとしてかりっとしておいしいのです。

どうしてモンキーかというと。

f0131641_2193354.jpgぽこっと一部がはずれているのがわかりますでしょうか。

いくつもの小さいパン生地を、バターと砂糖をとかしたものにくぐらせてから型に詰めて焼き上げると、手でちぎって食べられるようなパンになります。
こんなふうに分かれる形のひとつひとつがお猿さんのようだから、モンキーブレッドという…のだったような。普段お猿さん同士ってくっついているのでしょうか??謎です。

堀井和子さんの本をもとに、「バターと砂糖多めの生地」「砂糖とバターを混ぜてとかしたものをパン生地につけて型につめる」を手がかりに、多分こんなかんじ、という勘で焼きました。
以前、差し入れで頂いたすばらしくおいしいモンキーブレッドの記憶が一番の頼りでした。

これはほんのり甘いシンプルなパンですが、じゃがいもとチャイブを混ぜた塩味のパンなどでもモンキーブレッドにできるようです。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-03-01 21:31 | 試作新作 | Comments(2)