ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

公孫樹とはんこレポート

2、3日前アイビースクエア横の歩道の公孫樹が、その扇型の黄色い葉をばっさりと落としていました。黄色くなったなと思って眺めていると、ある日ざぶざぶと落葉してゆく公孫樹です。宮澤賢治や大島弓子を連想するのは私だけではなかろう。さざ波のごとく地面に落葉した公孫樹の中を、小さくなって泳ぐようにかきわけて歩いたらどんな心地がするだろう。と思いながら横目に車を走らせていたのですが、今日通ったときには掃除されていた。冬である。

f0131641_22361232.jpgさてさて、去る日曜日は版画holicさんによる消しゴムはんこライヴにご来店ありがとうございました。
「まったく宣伝していないんですー」と余裕の笑顔のholicさん。それでも彼女の人徳がお客さまの心を勝ち取ったようす。終わりよければすべてよし、知らない人にこそ知ってほしいという心意気がむくわれたようでほっとしました。来てくださった皆様、ありがとうございました。

写真上は私に彫ってくださいました、たなごころのカヌレに微笑む東大寺の大仏。「歴史がかわっちゃうね」と誰かが笑いながら言った。大仏様は甘党だったのですね。シルクロードもカヌレはまさか伝えまいて。
写真下は「コバトヤ中毒」の文字もものすごし、ロゴマーク。こちらはご注文・お買い上げの方の袋用。たくさん押してもらえるよう、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-12-09 22:57 | 店話 | Comments(0)
<< 柚子のマカロン とってもとりいそぎおしらせ >>