ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

タフでなければ

f0131641_20331739.jpg休業あけと同時にクリスマスシーズンの到来。もう12月ですものね。それなのになかなかクリスマス菓子を並べられない菓子屋がここに。鋭意製作中です。店頭に出せるまであとしばし、しばしのご猶予を。

と言いつつもクリスマス菓子第一弾は、もう(というかようやく)店に並んでおります。楽しみにしてくださって、毎年注文してくださる方もいる、ドイツのイースト菓子・シュトレンです。シュトーレンというのが正しいのかどうなのかはドイツ人の知り合いにでも尋ねなければわからぬのですが、うちではシュトレンです。ふとんのような天板大のシュトレンをふたつ焼くだけで、へとへとになるくらい体力を要するお菓子です。がんばってこねていますので、おいしいはず。レーズン、サルタナ、カランツ、オレンジピール、アプリコット、いちじくなどのドライフルーツに加え、シナモン、ジンジャー、ナツメグ、クローブなどスパイスもさっくりと入っています。アーモンドもこっそり入っています。表面の粉砂糖がこれでもかというくらい分厚くかかっているにもかかわらず、甘さがくどくなくスパイスの香りとあいまっておいしいのです。ちょっと誉めすぎかしら。でもおいしいので、どうぞ食べてみてくださいね。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-12-03 20:53 | 試作新作 | Comments(0)
<< 森の国へ クリスマスじたく >>