ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

クリスマスじたく

店の駐車場に着くやいなや、いつもの黒猫が車に向かってたたたっと寄ってきた。ドアを開けて車から降りるとじっとこちらを見上げる。この人は「クロさん、おはよう」と言うと「にゃー」と律儀に返事をする。でも「寒いね」とか会話を続けようとしても、それ以上の「にゃー」は絶対に言わない。見るだけ。気が向くと撫でさせもする。そうでないときはふいと避けてしまうか、猫パンチが出る。もしかして車の中に入ってしまうかなと思いながらそのまま開けておいたが、猫はふーんといった様子でちらと運転席を一瞥してすぐささっと車の下にもぐってしまった。雨が降り出したので、雨宿りしたかっただけなのかな。もし車に乗ってしまったら連行されると予測したかしら、とか考えながら店に向かう。もし乗っていたら、今日はそのまま営業せず帰宅していたかもなとも思ったので、やっぱり乗ってくれなくてよかった。人生は常に分岐点だな。

f0131641_23285933.jpg先日のお誕生日ケーキ。栗と洋梨のショートケーキです。珍しくクリームを絞った飾りに。クリスマスケーキの飾りを今年はどうするか…とごにょごにょ考えながら。クリームが苦手な私にとっては、できるだけクリームは少ないほうがありがたいので、なんとなく避ける絞り出し。でもやっぱり華やかなので、お祝いとかクリスマスとか、華やかな演出のためには必要かも。ここにも分岐点。

今日ようやく、クリスマス菓子のシュトレンを焼くことができた。ここ数日、そろそろ焼かねば焼かねばとじりじりしていたのだ。しばしの熟成期間を経て、お目見えする予定です。お楽しみに。やっぱり黒猫が車に乗らなかったのは、よかったのです。ちぇっ。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-11-24 23:42 | 与太話 | Comments(0)
<< タフでなければ Atelier BUNYAN ... >>