ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

着色装飾

f0131641_23141792.jpgひたひたとクリスマスの準備にかかっている今日この頃。オーナメントとして店内装飾などにも使えはすまいかという思いもあり、こんなクッキーを作ってみました。

プレーンのとココアの型抜きクッキーを焼き、アイシング(卵白と粉砂糖をねったもの)で模様をかいたり色をつけたりしたもの。レース模様などは白で細く細くしぼると繊細で綺麗です。しかし異様に肩と腰にひびきます。慣れない作業です。絵をかくのとは似て非なる技術が必要なよう。アイシングが空気にふれて、さっさと乾いてしまうので、その乾きのスピードになかなか手こずらされる。細かい模様になってくると目もちかちかしてくる。とかぶつぶつ言いながら、午後じゅうずっとこれにかかりきりでした。気づけば閉店時刻を過ぎていた。うまくいかないので余計にいつも使わない神経を使って集中してしまった。

アイシングを食紅などで着色して、色のバリエーションもいろいろ作ってクッキーに色をつけてゆくわけですが…これってイギリス菓子だわねぇと思いました。
私がイギリスでホームステイしていたお家には小さいお嬢さんがいて、誕生日にはお母さんがケーキを焼いたりしてたのです。そのケーキに、まさにこのようなカラフルなアイシングが全面に施されて、しかもお母さんは筆でイルカの絵なんてかいていました。色も青だとか緑だとか、お菓子の色としてはそれで本当にいいのか、といいたくなるような。でも、そこのお嬢さんたちはものすごく大喜びで、大事に大事に食べていたのであった。イギリス人はよくわからぬなぁとそのときしみじみ思ったのを覚えています。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-11-18 23:38 | 試作新作 | Comments(0)
<< あんこめぐり パトロール >>