ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

カシスのショコラ

霜月。ということは来月は師走。ということはクリスマスというシーズンが間もなく到来するのですね。ひところより報道などやかましく言われなくなったのでもう解決しているかといえば決してそうではないバター事情。この爆弾をかかえつつのシーズン到来というのは、心が暗ーくなります。比較的、体調がよいのが救い。体調がよいと気のもちようもあるというもので、バター事情もなんとかくぐりぬけられるように思います。なんとかしなくっちゃなりません。

f0131641_2132229.jpgさて、新顔さんです。
ガトーショコラのバリエーションとして、カシスのショコラ。いつもは木苺のショコラで出しているガトーショコラ。

木苺のとくらべると、カシスの酸味と野性味が際立ったものになっています。それこそがカシスの魅力です。チョコレートとの相性も、ぐっと大人っぽい印象。

カシス+チョコレートの組み合わせで秀逸(と私が思っている)なのはチョコとケーキ生地を層状に重ねてつくる「オペラ」というチョコレートケーキ。あのような手の込んだ生菓子をきれいに作るにはまだまだまだまだ30年くらい修業不足なのですが、いつか作れたらなとも思います。チョコとカシス、おいしいのですよ。

秋が深まってもうまもなく冬、という頃から、チョコレートがどんどんおいしく感じられるようになります。というわけで、チョコレート菓子の試作や新作が目立つようになってまいりました。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-11-06 21:58 | 試作新作 | Comments(2)
Commented by cinnnamonmon at 2008-11-08 09:57 x
懐かしい・・・KOBATOYAさんとこのガトーショコラ。出会いは木苺のそれでしたっけ。レモンクッキーも。あー食べたい。秋口に帰省してお邪魔したいと思っていましたが叶わず。ここの画像で楽しませてもらっています。
Commented by 木鳩屋 at 2008-11-08 21:17 x
cinnnamonmonさん、こんにちは。
そうか、あれ(国吉)から丸4年たつんですよね。いやはや。
国吉に出していた菓子は今でもうちのベースですよ。
<< かりかりぽりぽり 黄金のチョコレートケーキ >>