ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

黄金のチョコレートケーキ

f0131641_20372621.jpg秋、深まる。
車など走らせていると、中央分離帯のケヤキがそろそろ色づき始めたのに気づきます。
そして今は樹木の剪定の時期でもあり、ぼんやり走っていると剪定作業の人々や車をよけるために立てられた「右によってください」「左によってください」といった道路看板に追いたてられるようにあたふたと車線を移動せねばなりません。歩道も中央分離帯も道には木がいっぱい植えられているのであった。

ちなみに美観地区周辺の倉敷川沿いは柳が植わっています。川沿いの柳というのは、私にとっては荒井由実の世界ですよ。こちらの剪定は夏頃だったか。だいぶ伸びました。

しかしなんといっても剪定時期にその樹下を歩くのが気持ちいいのはクスノキ。樟脳のあのすーはーするにおい。パラジクロロベンゼンなんかじゃない、爽快なあのにおい。

f0131641_20373945.jpgさて本日の試作はチョコレートケーキでした。照明によって色がずいぶん違ってみえますが左上も右のも同じものです。カット前カット後。

このチョコレートケーキはドール・オ・ショコラという大層な名前がついています。金のチョコレートケーキという意味です。ガトーショコラにあんずジャムを塗ってガナッシュをかけるという、ザッハトルテの手法。ただレシピには「金箔や金粉をかざる」とありましたので、直截にはそのあたりが金ということでしょう。
しかし黄金の名に恥じない、シンプルながら力強く芯のとおったチョコレートケーキといえるかもしれません。チョコのケーキが食べたいときに出されたら、「これだよ!」と言ってしまうかも。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-10-29 21:00 | 試作新作 | Comments(0)
<< カシスのショコラ 梨の大きなパイ >>