ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

月とチョコレート

ここ2日ほど月が綺麗です。夜空がくっきり晴れているというのはもちろんありますが、月がちょうど見上げるのによい位置にのぼるのが帰宅時間と重なるゆえに、月見しながらの運転。峠を越すときにちょうど山の真上に月があったりなんかすると、まるで花札。いや花札がこの景色を絵柄にしているのだが。

f0131641_222025100.jpg本日のお誕生日ケーキ。

栗のクリームと白生クリームの2層重ね、間には洋梨をはさみます。洋梨と栗の相性はなかなかのものです。取り合わせからして秋らしくてよい。
表面はホワイトチョコレートとスイートチョコレートのアフロ。黒っぽい右側の物体は栗の渋皮煮。私はコポー(チョコを削ったもの)をついアフロと呼ぶのだが、アフロはやっぱりかわいいと思う。ついつい山もり削ってしまうチョコレート。

コポーも削り方によってタテロールみたいにぐるんぐるんなゴージャスになったり、ほそい繊細なくるくるになったり、いろいろ。そういえば夏場は気温の関係でコポーをきれいに削るのがすごく大変なのだが、そろそろよい時候だな。涼しくなって、チョコレートがおいしくなってきましたね。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-10-16 22:37 | 店話 | Comments(0)
<< 籾をかわかす 魔法の土鍋 >>