ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

魔法の土鍋

土鍋を買いました。そこらへんの土鍋ではありませんよ。
なんと中蓋がついているのです。岡山市のギャラリー、アートガーデンで展示開催中の陶工房ゆうらぼさんの作品です。

f0131641_21284815.jpgこのように。

中蓋があることで圧力がかかりご飯がふっくらおいしく炊けるのだそうです。もともと「蓋もの」に私は滅法弱い。この土鍋も、この「中蓋」を見た時点ですでにかなり手に入れたい気になっている。だって蓋が二つもあるんですよ!


この大きさで2.5合くらいまでは炊けるそう。豆を煮るのにもよさそうだしおいしいご飯も食べたいし、迷っているうちに誰かに買われそうだし、えい!と勢いで購入してしまった。ものさしのような目盛り模様がセーターのようでかわいらしい。

使い始めのお手入れをしてのち、さっそく炊飯。炊き込みご飯なんかもやってみたいけれど、まずは白米からいってみましょう。直火なのですぐ炊けます。炊けてからもずいぶん長いことご飯がほかほかしています。しかも気のせいかいつもよりご飯粒が白くつやつやして見える。食べる。おいしい。なんだかいくらでも食べられる。やまらん。豆腐のお味噌汁と茄子の芥子漬けだけで、きっちり2膳いただきました。2膳も食べればそりゃ当然というものですが、おかずは味噌汁と漬物だけなのに食後の満足感がすごーく大きかったのには驚いた。

そんなわけで魔法の土鍋です。
「土鍋炊飯の会」にてご飯をせっせと炊いて食べようと思います。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-10-07 21:57 | 店話 | Comments(2)
Commented at 2008-10-08 01:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kobatoyakigashi at 2008-10-08 20:04
先日はこちらこそありがとうございました。
明日、友人を迎えて「土鍋炊飯の会」第二回開催予定!
リンク大歓迎です。こちらも貼らせてもらいますねー。
<< 月とチョコレート マロンかシャテーニュか >>