ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

カラフルな豆たち

f0131641_2218693.jpgちょっと昔のクウネルなどをぱらぱらめくっているうちになんだかとても豆料理を食べたくなってしまって、こんなに衝動買いをする。

数年前の一時期、豆にはまっていた頃があってそのときも豆や豆料理の本などをざくざく衝動買いしたことがある。もっといえば和菓子作りにはまっていた頃にも小豆や白花豆をばんばん買って餡子ばかり作っていた。粒餡より漉し餡のほうが手間がかかるのであえて漉し餡を作ったりしていた。上生菓子である「ねりきり」はまず白の漉し餡を作ることから始まる。豆は準備や手間をかけて食べる食べ物なので、そういうまわりくどさにはまっていたのかもなと思う。食べたいからというのが作る動機だったが、作業の過程が洋菓子とは全く違っていたのが新鮮でおもしろくてしようがなかった。

ひさびさに買った豆は、外国産のカラフルなもの。上からひよこ豆、レンズ豆、グリーンレンティル(レンズ豆)、緑豆、ムングダール(緑豆の皮をむいたもの)、ピンクレンティル。
レンズ豆とひよこ豆を食べたくてそれだけ買うつもりが、なぜか緑豆などまで。思いがけず色がいろいろあったものだからつい欲張った。緑豆というとはるさめとかの材料になるあれです。どうやって食べるかはこれから調べねばなりません。


f0131641_22444835.jpgこちらは先日のお誕生日ケーキ。
N.Y.チーズケーキお誕生日仕様。

生クリームで飾ったりするよりは、焼き色そのままに緑とあわせるのが綺麗と思う。
これはミント。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-09-17 22:54 | 与太話 | Comments(0)
<< くしゃみをしても いぬとねこ >>