ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

いぬとねこ

倉敷公民館で開催された柚木沙弥郎(ゆのき・さみろう)さんの講演を聞くために、土曜日は2時間ほど閉めて出かけました。
柚木沙弥郎さんは染色作家。5月から6月にかけて岡山県立美術館で大規模な作品展が開催され、布のみならず立体にもおもしろいものがたくさん展示されていました。トコちゃんとかグーグーとか虫の神様とか。布を幕のように何層にも天井から吊って、その隙間にはさまってみる…という感じの展示もよかったんだったよなぁ、などといろいろ思い出すものが多い。
このたび、倉敷民藝館開館60周年ということで、民芸にもゆかりのある岡山出身の柚木さんにお目にかかれるということで、いそいそ出かけていったのでした。

f0131641_21383018.jpgそしてひそかなお目当てはこれ。
柚木さんデザインのいぬとねこのクッキー。

こういう型ぬきにして更に模様やいろいろを細工するクッキーをたくさん作るのは大変なのですよ。すごく手間と時間がかかる。これは、先着100名に配ってくださったのです。
でもかわいくて食べられません。しばらく飾っておこう。

毎日心静かにかつ愉快にものを作りつづける。
作る過程を楽しむ。
ものづくりをする喜びとともに生きて年をとる。
私もそんなふうに日々を送ることができたら幸せ。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-09-14 21:58 | 与太話 | Comments(0)
<< カラフルな豆たち 栗のマカロン >>