ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

曼荼羅したじき

f0131641_23303360.jpg本日の消しゴムはんこは、東寺講堂・帝釈天です。象にまたがっている美男(と「日経・大人のOFF」に紹介されていた)の帝釈天。東寺のものなので当然密教色濃く、眉間に三つめの目はあるし、独鈷杵を握っているし象にものっている。しかしなんでこんなポーズ。

帝釈天は阿修羅とたたかう、武人でもある。なので密教に入ってもトレードマークの鎧をまとっております(右肩の黒っぽいあたり)。
梵天とあわせて梵釈信仰というくらい庶民の味方。寅さんの柴又も帝釈天ですね。

だんだん彫った仏像の種類が増えてくると、仏像同士の因縁やらなんやらかんやらが出てきて、ますますおもしろいです。

そういえば昔、京都国立博物館でだったと思うのですが、東寺国宝展が開催されたときにいくつか仏像グッズを購入していたのですよ。
その中に「曼荼羅下敷き」というのがあって、曼荼羅には金剛界と胎蔵界があるのですがその胎蔵界を買っていたのを、さきほど発掘しました。表が曼荼羅で裏が「諸尊の名称」。曼荼羅に細密に描かれているホトケサマたちの配置とお名前が書かれている。もちろん中心におわしますのは大日如来。それにしてもとても細かい字。
今でもきっと東寺に行けば売っているんだろうなぁ。入試の日本史で「教王護国寺(東寺)両界曼荼羅」というのを暗記していたぞーという記念のつもりで買ったんじゃなかったかな。

京博は大学の近所ということもあり、何せ史学科だし、京博から先生も来てらっしゃるし、特別展はだいたいきっちり見に行かねばという雰囲気がありました。何もないときの常設展ですら何度も足を運んだ覚えがあります。私はさほど熱心な学生ではなかったけれど、それ以上にヒマだったのです。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-08-28 22:01 | 課外活動話 | Comments(2)
Commented by るー at 2008-09-05 00:09 x
あ、なんかタイムリー。うちでもダンナと東寺の帝釈天の話をしていたのですよ。こばとちゃんの帝釈天、なんか可愛いな~。

先日、文殊菩薩を喜多方の神社(笑)で見てきたんですが、そちらは獅子に乗ってました。乗物に乗ってる神様、意外と多い?

京博。昔2~3回行ったことがありますが、心が躍ったなあ・・・。
曼荼羅のポスター、まだたぶん実家にあると思うけど。引っぱり出してこようかな?
Commented by 木鳩屋 at 2008-09-05 22:50 x
動物に乗っているのはまず密教系に変化したものとみてよいのではないかしら。
もとは結跏趺坐とか立ってるだけとか、シンプルなものですよー。

曼荼羅のポスターとはまたありがたいようなコワイような。
でもあのハデさに一度ははまらなきゃ史学をやったとはいえないかもだよね。
<< 平々凡々を飲む 秋の空 >>