ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

赤茄子のマカロン

f0131641_21195447.jpgお盆が終わろうという頃になって、ようやく8月のマカロンができました。
右側の赤みがかったオレンジ色のがそう。8月はトマトのマカロンです。左のピンクは7月から引き続き、すもものマカロン。

トマトはジャムにするとうんまいのですよ。豊作の年には、思い出したように母が煮ています。それを使わせてもらって、クリームにします。
トマトジャムは香料も何も入れないのに、なぜかシナモンのようなかぐわしい風味が出ます。太陽のように鮮やかなあの赤色も損なわれず、さっぱりとおいしい。

そのまま切って食べたり、卵と炒めて食べたりするトマト。毎日毎日食べますが、だんだん収穫に追いつかなくなります。そんなときに目先を変えるためジャムにするのです。
まぁジャムにした後も延々と収穫は続いているので、やっぱり延々と食べねばなりませんが。水煮にして冷凍、とかもしている。「もうそろそろトマトも終わり」と言いながらも、食卓にはいつもそこにトマト。夏。
そんなわけで、トマトのマカロンをどうぞよろしくお願いいたします。

f0131641_21202310.jpgこちらはここ数日間かけて彫り上げた、ご依頼の消しゴム判子4つ。板きれをボンドでくっつけただけですが、持ち手つきです。

役行者、蔵王権現、不動明王の3体。なぜか鬼にはさまれて笑っている役行者。役行者だけ2バージョンあります。
私が彫るとどうしてもこんなふうに、ガキっぽいふざけたハンコになってしまうんだよなぁ、というのが悩みです。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-08-15 21:53 | 試作新作 | Comments(0)
<< 仏界のミニタカラヅカ 夏休み中の営業状態 >>