ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

ぐつぐつ

f0131641_239078.jpg店の外に一歩出るだけで、煮えそうな日々。それでも用があれば(銀行など)自転車と麦わら帽子で出かけます。暑いので、できるだけ午前中に外の用事はすませたい。しかし出入りの業者さんたちはたいてい午前中においでになる…難しいところです。

本日の消しゴムはんこは、東寺講堂の梵天(ぼんてん)。

梵天とはバラモン教の最高神ブラフマーのことだそうです。それが日本の仏教に取り入れられて梵天になったらしい。
この「取り入れる」という行為が仏教界ではどうやらかなり頻繁に行われていたようで、あれもこれもそれも!という感じでアメーバ的な広がりを見せています。
懐が深いというか、神も仏も混ぜ混ぜでごっちゃごっちゃとゆるーい感じもして、よくわかっていない私にとっても何となくおもしろい。

元来、中国貴紳のいでたちだったのが、密教(真言宗といってよいと思う)に入ってからこんな姿になったのだということです。鵞鳥に乗ったり手が増えたり顔が増えたりしているということです。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-07-22 23:29 | 課外活動話 | Comments(0)
<< ルリユール たとえ暑中でも焼菓子 >>