ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

法隆寺金堂

蝉が本格的に鳴き出した感あり。それでも夜は虫の音が涼やかなのが救いであります。日中のもわっとするこの空気はどうにかならぬものか…と涼を求めて家中をうろつく羽目になります。店にはさすがに空調が効いているのですけどね。

f0131641_2262723.jpgそんな猛暑の奈良盆地に行って来ました。メインの目的は奈良国立博物館の法隆寺金堂展。

うちは朝日新聞をとっているので、連日ものすごい情報というか広告というか、関連記事がばんばん掲載されていて、そうなるともう刷り込み状態になってしまって、是が非でも実物を見たいような気にさせられてしまうような。でもまぁたまには遠出もいいか。
仏像はんこを彫るんなら、写真だけじゃなくたまには本物も見ておこうというわけです。

今回の金堂展、メインは四天王。むしろそれだけの展示とも言えます。でも展示は数じゃないのだなとも思った。とても凛としてきれいでした。
天蓋装飾の楽を奏する天人ちゃんたちもとてもかわいい。

しかし奈良は本当にいい仏像がいっぱいあります。うっとりです。興福寺でも法隆寺でも中宮寺でもじっくりいっぱい端正なホトケサマたちを拝見し、ますます「これからも彫るぞ!」という意志がかたまったというものです。(間違っている??)
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-07-20 21:54 | 与太話 | Comments(0)
<< たとえ暑中でも焼菓子 石の上にも三年 >>