ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

青田と墨汁の匂い

窓を全開にして車を運転するのは爽快。朝晩、ひろびろとした水田を横目に見ながら運転するのも爽快。早苗の伸びざかりを風が渡ってゆくのを見るのもいいし、今の時期は白鷺が悠々と田んぼの中を歩いている姿が秀逸。今日の夕焼けはそれはそれは見事でした。

私の家はある時期まで百姓をしていたので、田んぼのにおいをかぐと自分がぐーんと小さな子になった気持ちになる。それに田んぼの水のにおいはときどき墨汁のにおいと似ていたりするので、文机で正座して習字をしていた暑い夏の書道教室の景色がばばーっと浮かんできて、また小さな子になった気分が増すのです。

ここ数日はちょこちょこ試作や新作といったようなものを作っていたのです。とはいえ写真に残すほどのことでもない…と思っているうちに何を作ったか忘れそうになってしまった。

f0131641_2212049.jpgハーブのスコーンなんてものを出した今週でした。チーズと組み合わせると好相性。ハーブはタイムとオレガノを。

ほかにはシブーストをセルクルで作ったり(セルクル技は我ながら目を覆うような稚拙さです)、ビターチョコでホロ苦いビスコッティを作ったり、暑いせいかいまいちピントの定まらない試作ばかりしていました。


f0131641_22946100.jpg本日の消しゴム判子は、最近には珍しく仏像でない。
児島の名珈琲店イーハトーブのシンボルマークと珈琲豆。これらはあるものに使ってもらうために作りました。

イーハトーブの珈琲はおいしいです。今の季節は夏メニューで氷も食べられる。
場所は児島駅前の公園横にあります。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-07-06 22:44 | 店話 | Comments(0)
<< 夏のくだもの すもも >>