ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

ココ小夏

絲山秋子さんの『豚キムチにジンクスはあるのか』を読みあった地元・児島の友人に「倉敷のスーパーにはイカスミソースがない」ともらしたところ、買ってきてくれました。曰く「児島のスーパーにはあったよ」とのこと。
イナカ度でいえば児島(瀬戸大橋のたもと、眼前が瀬戸内海)が断然まさっているのですが、思うに倉敷より児島の方が、海産物を日常的に食べる消費者が多いということではないかしら。しかしイカスミって海産物という分野なのか。

そういえば倉敷中心部のスーパーの鮮魚売り場はどこもどことなく魅力を欠く。児島だと小さい店でも心躍る魚介類が並んでいるものなぁ。しかも値段が全然違う。児島はたくさん入ってて新鮮で安いです。車でほんの2、30分離れただけなのに。あ、でも備前と備中だわね。どうでもいいか。

ちなみに上記の本は、ちょっと変わったレシピ本と言えなくもないおもしろい本。その巻頭に出現する「力(カに非ず、チカラと読んでください)パスタ」を作りたかった私は、ファルファッレ(リボンのようなパスタ)を買いにスーパーに行ったついでに「新発売!」と印刷されたマンゴー味のカルピス原液なども買ってしまうという血迷った買い物をしました。

f0131641_21131953.jpgここ数日は珍しくきびきびとお菓子を試作しています。

奥の壜入りのはココナツとキャラメルのビスコッティ。同じ日にキャラメルのシフォンケーキも焼きました。保存してあったキャラメルクリームを使わねばということで。今、冷蔵庫一掃のために保存食をせっせと消費中なのです。何しろ壜が場所をとるので困るのです。

手前は小夏のバターケーキ。アーモンドパウダーたっぷりでフィナンシェのようなケーキ。小夏の風味がよいですよ。すっきり爽やか。

小夏のケーキは店売りもしています。
が、もう小夏のシロップ煮がこれでおしまいなので、小夏ケーキもこれでおしまいです。お早めにどうぞ。

f0131641_21185231.jpgこちらは小夏パン。試作品です。

以前に差し入れで頂いたオレンジスライスののっかったパンがかわいくておいしかったので、真似てみました。
でも何かが違う気がする。オレンジが小夏になったというだけの違いではない気がする。記憶とはかくも曖昧なものなのか。

たいていいつも、バターを生地に混ぜない堀井和子さんのレシピでパンを作っていると、たまにバターを入れたときのふくらみの良さに驚きます。冷めてもやわらかいし。ほんの大さじ1ぱいほどなのに。
それでもやっぱりバターの入らないハード生地で角食を成功させることができればなぁと夢をみておるのです。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-06-28 21:44 | 試作新作 | Comments(0)
<< すもも おかしやさん >>