ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

枇杷と桜桃の季節

梅雨時期の冷蔵ケースというものは、空調をドライにしても冷房にしてもどうもならんくらい曇ります。気がついたらせっせと拭っておるのですが、お天気がいまいちだとあまり来客もなくついぼんやりしてしまう時間が多いので、あまりマメではないかもしれない。
「ガラスなんて曇りたきゃ曇るがいいさ!」といいたくなるくらい暇なのです。

f0131641_20562539.jpgさて先日のお誕生日ケーキ。チョコクリーム+バナナのスポンジケーキです。
上はチョコレートの細かいコポー(削ったやつ)とさくらんぼ、側面はアーモンド。

コポーを盛りながら、「まるでアフロのようだ」と思う。女の子のアフロ。かわいいじゃないですか。

f0131641_20564661.jpgこちらは、家で収穫した枇杷のシロップ煮です。

去年作っておいしかったのと、今年は枇杷が生り年らしくてんこもりに収穫中で食べても食べても追いつかない…というくらいあるので。
おしりをそいで半割りにし、種とわたをとって、砂糖と水とレモンを絞って煮る。皮がやわらかくなったらできあがり。
皮ごと食べるおいしいコンポートです。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-06-21 21:15 | 店話 | Comments(2)
Commented by cinnnamonmon at 2008-06-22 22:22 x
うらやましいです、枇杷。あれは自宅や山になってるものだと思っていましたから。充分な庭も畑もない今はスーパーに並んでるパック詰めの物を買おうか買うまいか悩んで止めるってな感じです。KOBATOYAさんの消しはんこは進化し続けて・・・頂いたはがきはオフィスに飾っています♪
ちょっと自慢。またあんずの季節がめぐってきました。
Commented by 木鳩屋 at 2008-06-23 22:13 x
枇杷はスーパーだとまったく驚くほど高いですものねぇ。
たいてい時期にはあちこちから到来物であるので、
私も買ったことはないのですが。
<< 実在の人物 100円均一材 >>