ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

苺を焼いています

f0131641_21584255.jpg確定申告が無事終わり整体にも行って、身も心も軽い今週です。「なんだかさっぱりした顔つきね」と言われ「申告が終わったんよ!」と答えると、みななるほどと深くうなずく。それほどに共通する「申告」という自営業者同士の暗い合言葉…。
ともあれ、これでまた今年も気分新たにやっていけそうです。

写真は週末の一般的なレジ横メニュー。
スコーンとマフィンとカヌレ。だいたいこのへんが2、3種類出ています。
これは苺のスコーン(左奥)といちじくのマフィン(中央手前)、それに黒いのがカヌレ。

苺といえば、ずいぶんお安く買えるようになりました。クリスマス頃の半値くらいになっています。ハウスの次は露地物が出回りますので、しばらく苺の季節が続きます。
生で食べることの多い苺ですが、こうしてスコーンに混ぜて焼くと意外にも香りがたっておいしい。苺のバターケーキというものもあるくらいですものね。また折を見て試作してみたい。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-03-07 22:27 | 店話 | Comments(2)
Commented by cinnnamonmon at 2008-03-09 20:28 x
ほんとに。苺の季節ですね。10年くらい前かな、小林カツ代さんの苺ジャムの作り方を知って目からうろこ・・・一度で煮てしまわないんです。ふわーっと軽く沸騰してほんのわずか煮たら火を止めて冷ます。冷めていく間に色が沈着する。これを3回くらいして最後に少し煮詰める。この方法でスーパーの苺でも結構真っ赤に出来上がります。でも一番は路地物苺ですよね!今日は春が来たなぁって思いました。
Commented by 木鳩屋 at 2008-03-10 22:34 x
ジャムの作り方もいろいろですねぇ。
苺を加熱するときの色と香りというのは、あれだけでもう至福ですね。
自分で拵えたジャムを匙ですくって食べる楽しみもありますが。
苺が好きなんて言うと子どもみたいですが、やっぱり春はね!
<< お知らせなど 木苺・黒すぐり、そして猿 >>