ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

木苺・黒すぐり、そして猿

f0131641_2124962.jpg今月のマカロンです。

2月から引き続き木苺(ピンク)、そして3月はカシス登場です。2月中にも一度試作段階のものを店で出したので、すでにご存知の方もおありでしょう。

ムラサキ色です。もっと赤っぽいほうがいいのか青っぽいほうがいいのか、色を出すとき毎回悩むのですが(つまり毎回微妙に色が違うのですが)、この写真では中間どころの紫ですね。

どことなくワイルドな味わいのカシスクリームがおいしいです。
このクリームはびっくりするような発色をしていますが、これはカシスの色素なのです。底力のあるベリー色素には毎回感心してしまう。


f0131641_219202.jpgそれでもって今日のまかないパンがこちら。
なんとなくパンを焼こうと思って、とりかかったらモンキーブレッドになりました。
表面の砂糖+バターが、じゅわっとしてかりっとしておいしいのです。

どうしてモンキーかというと。

f0131641_2193354.jpgぽこっと一部がはずれているのがわかりますでしょうか。

いくつもの小さいパン生地を、バターと砂糖をとかしたものにくぐらせてから型に詰めて焼き上げると、手でちぎって食べられるようなパンになります。
こんなふうに分かれる形のひとつひとつがお猿さんのようだから、モンキーブレッドという…のだったような。普段お猿さん同士ってくっついているのでしょうか??謎です。

堀井和子さんの本をもとに、「バターと砂糖多めの生地」「砂糖とバターを混ぜてとかしたものをパン生地につけて型につめる」を手がかりに、多分こんなかんじ、という勘で焼きました。
以前、差し入れで頂いたすばらしくおいしいモンキーブレッドの記憶が一番の頼りでした。

これはほんのり甘いシンプルなパンですが、じゃがいもとチャイブを混ぜた塩味のパンなどでもモンキーブレッドにできるようです。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-03-01 21:31 | 試作新作 | Comments(2)
Commented by cinnnamonmon at 2008-03-02 00:23 x
モンキーブレッドはいろいろなパンの本でも紹介されています。けれどもどの本もモンキー・・・の名前が???のようです。おもしろいお話もいろいろあります。またご紹介しますね。でも本当に可愛らしいパンですね。
Commented by 木鳩屋 at 2008-03-03 11:48 x
名前もその由来も謎めいているお菓子やパンって、おもしろいですよねぇ。
日本には「カニパン」なんていうそのものずばりな不思議なパンもありますね。あれこそ大いなる謎。
<< 苺を焼いています 梅ばなし >>