ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

牡蠣にあたった話

ホワイトデイの前哨戦、ヴァレンタインデイが無事に終わりました。
ヴァレンタイン用というわけではないけれど、2月半ばというのは時期的にお菓子をあげたりもらったりする機会が一年の中で比較的多いような気もします。
まぁつまり、ヴァレンタイン以外のご注文がこの時期に集中するというだけなのですが。もしくはこれは木鳩屋だけの現象なのでしょうか。謎です。

ともあれ、冬は焼菓子のみならず菓子のシーズンなのでございます。
チョコレートがおいしい季節にヴァレンタインとは、うまく考えたものだなぁ。

それはさておき。
全然関係ない上に尾籠な話で恐縮なのですが、先日牡蠣にあたってしまいました。
夕食に殻つきの牡蠣を蒸したものをいくつか食べて(瀬戸内ではこの時期殻つき牡蠣のおすそわけが頻繁にあるのです)、夜寝る頃になって「ぐおおおおう」と胃腸のあたりからものすごい音が。何?この音は?と思っていると、それからしばらくして一気に下げました。それはもう水洗トイレよりもすごかったです。3、4回ほどは下げましたか。下げきったあとは内臓がからっぽ、なんというか爽快感があって気分もよかったのですが、胃腸はやはり弱ってしまったらしく食べ物を受けつけず、水分をほんのりとるのが精一杯でした。

確か昔マーガレットで読んだ「ホットロード」ではカニを食べた二人(和希とハルヤマだった気がする)が食中毒で熱出して倒れてボロボロになる場面があったような…とか、佐々木倫子さんの「林檎でダイエット」では雁子ちゃんが「たしか前あたったときは6時間だった」とか言っていたような…本当にきっちり6時間くらいであたるんだなぁとか、お腹がごーごー言うのを聞きながら横になっていた私の脳裏に浮かぶのは、そんなはるか昔のマンガのシーンばかり。

食べ物にあたるという経験を自覚したことがほとんどないので(無自覚にはあったのかも)、もっと大変な思いをせねばならないのかと思っていたのですが。
実際には下げるだけ下げたあとはすぐに回復してしまいました。

夕食後のコーヒーと共に、姪(小5)作の「揚げワンタンのチョコ入り」という不思議なおやつを食べたのだけど、これとの食べ合わせが悪かったのであろうかとも思ったりする。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-02-15 23:14 | 与太話 | Comments(5)
Commented by だんだn at 2008-02-16 00:02 x
>「ぐおおおおう」と胃腸のあたりからものすごい音が

…って、なんだかものすごくリアルな表現!
カラダは回復したのでしょうか? 
お大事にー。

で、「ホットロード」…なつかしかったわ。
Commented by marine at 2008-02-16 18:40 x
大変だったねえ…

私は数年前、コンビニおにぎりのネタ(照り焼き鶏)でアタりました。
2日くらい寝込んだかな~。

短時間で直ったみたいだけど、
下がると体力低下するから、気ぃつけてなー

Commented by 木鳩屋 at 2008-02-16 23:13 x
>だんだんさん

翌日もう回復していました。嘘のように。でもお昼はさすがに少なめだった…。
「ホットロード」流行ったよね。

>marineくん

君は寝込むほど大変だったのね!私は運がよかったのかもね。
ふだんからあまり丈夫じゃないんだけど、胃腸。
Commented by るー at 2008-02-19 18:29 x
大丈夫かね(汗)
蒸したもんでもあたるときはあたるのね。
恐るべし牡蠣の毒。
Commented by 木鳩屋 at 2008-02-19 22:21 x
>るーさま

中まで火が通っていなかったのかもねぇ。
回復は迅速かつ順調でしたので、ご心配なく!
今やわしわし食べて食欲魔人ですわ…。
でも牡蠣はまだ食べていませんけどね。
<< プリン+プリン ビタミンI >>