ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

金柑の菓子と雪の降る朝

f0131641_22341385.jpg倉敷は一日雪模様でした。初積雪。
朝から降り始め、昼間みぞれになったりしたけれど、夕方からまた雪に。
いつもは20分の運転ですいすい帰宅できますが、今日は峠や山越えを避けて平地ルートをとった人々+雪で道が危険という情況だったため、1時間近くかかりました。
瀬戸内の人間は、ほんとうに雪に慣れていないのです。

写真は店の厨房から眺める雪景色。縮小するとわかりにくいなぁ。
雪に降り込められて車内、とか屋内、とかいうシチュエーションに陥ると必ずユーミンが口をついて出る。「コンパートメント」とか「時のないホテル」とか。歌いまくりです。

f0131641_22395672.jpgさて、金柑をせっかくシロップ煮にしたので、それを使ってバターケーキなどを。
生地にも金柑を刻んで混ぜています。さわやか。

金柑を食べた後って、口腔に「びりびり」がしばしの間続くような気がする。
薬効というものでしょうか。

f0131641_22401234.jpgカットして売り場に出しました。

どれくらいの頻度で作るかなぁ。
定まっていなくてすみません…。
見かけましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-01-20 22:51 | 試作新作 | Comments(2)
Commented by cinnnamonmon at 2008-01-27 23:21 x
素敵ですね、KOBATOYAさんのフルーツまできちんと手作りのケーキ。金柑のピリピリ・・・好きですよ。こんな丁寧なケーキを作られるケーキ屋さんってなかなか出会えませんよ。作り手の感覚が伝わるケーキ、これほど贅沢なものってないです。あー近かったらなぁ!少し前のベーグル画像見てしばらくベーグル作りに励みました。ぱーんと弾けたピカピカのベーグルに会いたくて・・・
Commented by 木鳩屋 at 2008-01-28 19:00 x
ピカピカのベーグルは魅力的ですねぇ。おいしかったでしょう!

果物の下ごしらえは手間がかかるぶん、それ自体が楽しい作業なのです…
というのは世のプリザーブ自家製派に共通する意見ではないでしょうか。
<< ブラックカラント 金柑のシロップ煮のつくりかた >>