ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

金柑のシロップ煮のつくりかた

f0131641_21115898.jpg祖母の家から母が摘み取ってきた金柑です。
ちょっと大振り。
形もまんまるではありません。
かけ合わせかも。
計ったら1.3キロありました。

f0131641_21121489.jpgまずきれいに洗ってへたを取り、半分に切る。

緑の種がきれいだったのでつい写真を撮る。
金柑の橙色とさわやかな薄緑のとりあわせがようございます。

f0131641_21123692.jpg種を取り終えたところ。
右のボウルが種。ピスタチオのよう。おいしそう。
しばらく眺めました。
それから捨てました。
何かに使えたかしらん??柚子の種は焼酎に漬けたりしますね。でもこれは切ってしまってたしね。

f0131641_21125493.jpg水と砂糖を沸かした中に入れてしばし煮る。
あくが出る前に火をとめます。

これは煮上がったところ。

そして一晩おきます。


f0131641_21131084.jpg一日後。
シロップが浸透してきました。

シロップだけ再度沸かして、金柑にかけます。


f0131641_21132851.jpgシロップ風呂に漬かる金柑。

大きな鍋がないので、たいてい店にある一番大きいボウルでこういうシロップ煮などはします。
栗や生姜などもこのボウルでぐつぐつ煮ています。

f0131641_21134372.jpgだいたい冷めたらびんに詰めて保存。

右端の壜はシロップだけ余ったのでとっておきました。
お湯割りにして飲むとおいしいです。甘いですが。

ちなみにこのシロップ煮の作り方は、杉野英実さん(心の師!)のルセットをほぼ踏襲しております。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2008-01-18 21:32 | 店話 | Comments(2)
Commented by あじゃまる at 2008-01-28 23:13 x
金柑と言えばおせちのイメージ。
まん丸のままスイカの模様よろしく縦に切込みを入れ、砂糖を加えて弱火でコトコト。
ウチでは母しか喜んで食べない金柑の甘露煮。
年末~正月にかけて登場し、いつの間にかなくなっています。
Commented by 木鳩屋 at 2008-01-29 21:04 x
おせちのための食べ方は初めて知ったよ。さすがお母様(のお手づくりよね?)!
切込みということは、種は取らない…のでしょうね。
金柑の種取り、結構好き…。
<< 金柑の菓子と雪の降る朝 モントリオールの蜂蜜 >>