ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

伊丹監督作品

昨日は休業日でしたが、友人を動員して店の大掃除をしました。
普段はすることのないシャッター掃除や店内外のテラコッタ拭き、換気扇の奥の奥まで手を伸ばしてきれいにし、天井や電球まわりのほこりをとるなど、念入りに。
これも三度目の大掃除になると思うと、月日がたつのは本当に早いものです。

ところで私はお掃除グッズが結構好きで、「店の狭い収納スペースに収納可能な、折りたたみできるタイプ」のものを見つけるとつい買ってしまう。
クイックルワイパーなんてその最たるものですが、折りたたみできるはたきとかほうきとか、分解するとすごく小さくなるクリーナーとか、年々掃除道具が充実しております。
そうそう、今年はついに小型掃除機も買ってしまったのですよねぇ。


全然話は変わりますが、先週ずっと伊丹十三監督の作品を放映していたのを見ていました。
「お葬式」は残念ながら見逃したのですが、「マルサの女」「マルサの女2」「ミンボーの女」「スーパーの女」「マルタイの女」といった一連の女もの。
それを母とずっと見ていて、どれがよかったとかいう話をしたとき、母はミンボーの女、私はマルサの女の最初のがよかったと意見しあいました。どっちもおそらく宮本信子さんを見ての好み。そして「宮本信子さんはほんとうにきれいな女優だねぇ」という意見で一致しました。

マルサでは赤いネクタイをしめてぱりっとしていた津川雅彦さんが、作品を重ねるごとにだんだんうらぶれてきて、マルタイでは人生に厭いてしまっていたのが悲しかった。
彼の役どころが監督自身の投影なのだろうか…とか。いやいやそんな安直なものではないのでしょうけれど。ついそんなことを考えてしまった。


さて、じきに2007年が終わり、新しい年になります。
2007年はイベント準備に始まり、新しい風のふいた年であったように思います。
来年もがんばっていこうと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
よいお年をお迎えください。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2007-12-31 17:23 | 与太話 | Comments(0)
<< (心は)イギリスにて クリスマスが終わりました >>