ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

クリスマスが終わりました

f0131641_0515662.jpgクリスマスのいろいろすべてが終わりました。

今年は生クリームのショートケーキをクリスマスケーキにするという、ケーキ屋なら普通の、しかし私のような店の者にとってはエポック・メイキング的なことにしてしまったため、全部のケーキを作り終えたとき、ものすごーく「俺、頑張ったぜ!」という達成感がありました。
f0131641_0535535.jpg開店の頃から木鳩屋の所業をご存知の方々はよーくご承知のことと思いますが、私は甘いものと生クリームがひじょうに苦手で、スポンジケーキやババロアなどは食べるのも作るのも最後の最後まで手をつけない分野のお菓子です。

しかしもちろん菓子屋が仕事である以上、好きの嫌いのなんてタワゴトです。
f0131641_0541883.jpgそれに実際作る機会と回数が増えるにつれて、苦手なものは減ってくるのです。むしろ楽しくなったりする。不思議なことに。

そんなこんなで遅まきながら、今年はクリスマスケーキというものが登場したのでした。
三度目のクリスマスにして、ようやく。
ご注文くださった方々、ありがとうございました。

飾りは苺とジンジャーマン君、それに柊(星とか雪とか言われていましたが)のマカロンです。12月のマカロンなので、柚子クリームでした。
ジンジャーくんは皆、顔と蝶ネクタイにボタンをつけておりましたが、一人だけカツラをかぶった子がいたのです。名づけてヅラジンジャー。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2007-12-28 22:41 | 店話 | Comments(0)
<< 伊丹監督作品 セロリ噺 >>