ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

バランスをとる

嵐のようなイベント騒ぎの余波が心身ともにおさまり、
店内外のいろいろもあるべきところにおさまり、
自室の片付けや衣替えなどもなんとか済ませ、
ようやくいつもの日常業務に戻りました。
まだお礼状書きが残っているのですが、それも近いうちに完了する手筈がつき。

そういえば店を始める以前は、イベントを終わらせるたびに、
「これからどうする」というどーんとした切迫感を否応無くしょいこみながら、
また次のイベントへと綱渡っていったような気がします。
あれはあれで自由気ままな日々ではありました。
ずっとそういう日々を続けていけるとも思わなかったけれど。

店があって、それと並行してイベントの準備をして、
イベント中はそちらに力を注ぐ、というのをやってみて、
店をしていなかったときとずいぶん何もかもが違ってきたというのがよーくわかりました。

一番変わったなぁと思ったのは、バランスのとり方です。
体力・精神力・能力・時間のバランス。
力まかせに押し切ってどうにかしていた頃もありましたが、さすがに2年以上も店を続けているとそうとばかりもいきません。年もとりますし。
あきらめて、切り替えて、妥協もし、力を抜きながら、でも「明日も作る」という気持ちだけは失わずにいられればと思います。これがないと本当に何も作れないのです。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2007-11-12 23:02 | 与太話 | Comments(0)
<< 雲のある店 木鳩家の人びと・つづき >>