ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

忙中閑

我が家の金木犀が二度目の開花期に入っています。
香りは一度目の開花期の前が一番していたような気がする。蕾のとき。
金木犀は二度咲くのだそうです。

本日のお誕生日ケーキ。f0131641_21252115.jpg
栗のケーキです。
中は渋皮煮の栗、上はマロンクリームをモンブランのように細く絞り出してわっかに飾る。茶色い点々はやはり渋皮煮の栗。
スライスアーモンドをしっかりめに焼いて、表面と底のふちに飾る。

秋の色ですなぁ。

今日も一日間断なく働く。(働くという字は人が動くと書くのね…)
普段とはやはり違う動き方をしなければならないので、○時になったらだいたい一日の作業が終わり、○時頃には片付け・掃除を終わらせるというような時間配分も全く違ったものになります。
要するにすべての作業が押せ押せになるわけです。
そうすると、もう○時なのにこんなにすることが残っている!と最初はあせるのですが、あせったところで厳然と仕事は山積なので、だんだんとあせる気持ちが失せてきます。
まぁいいか、お茶でも飲んでからもう一仕事しよう…というふうに。
あまり頑張って、きりのいいところで休憩しようとしないほうが、長く動けます。
洗いものが残ってるけど、ケーキが仕上げるだけになっているけど、あえてそこで止まるふんぎりをつけてしまったほうが、再開したときにまた一からしなくていいので動き出しやすいのです。私の場合。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2007-10-20 21:48 | 店話 | Comments(0)
<< うつくしきものたち 香辛料と林檎 >>