ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

お風呂祝い

そんなお祝いがあるのかどうか。
先週はじめから始まった自宅の浴室改装もほぼ完了し(残すは脱衣場の天井と壁、あとは外壁)、ぴかぴかの内風呂を使えるまでになりました。
造りがいろいろ近代化しているので、前近代に慣れた身にはちょっとした風呂維新です。
たとえば洗い場に鏡がついているとか、常に換気扇がまわっているとか、湯船が浅くて長いとか、シャワーのホースがはずれる気配もないとか、排水溝に目隠しがしてあるとか、浴槽用とシャワー用のカランが別個になっているとか、床や壁がタイルじゃないとか。
ひゃーとかわーとか言いながら、使っています。

そうそう、お風呂祝い。
お風呂を直したら、知人(親戚など)を呼んで新しくしたお風呂に入りに来てもらい、客が入浴中にうどんを差し入れてお風呂場で食べてもらう…というお祝いをする。
客は湯船につかりながら、もちろん素っ裸でうどんを食べる。
この際のうどんは「ざる」ではなく「かけ」らしい。(どんぶりを持ったままで食べられるから)
そういうお祝いの仕方をするそうです。

残念ながら、私はこういったお祝いに参加した記憶がない。
母曰く「大抵そうする」そうです。母はあちこちで参加したことがあるらしい。
しかし我が家はそういうフォークロアな行事を主催する家ではないので、おそらくしないでしょうね。でもちょっとおもしろそうでしょう。やってみたいけどなぁ。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2007-09-13 23:12 | 与太話 | Comments(7)
Commented by marine at 2007-09-14 08:26 x
最新式のお風呂…いいなあ。
ウチのお風呂は水漏れで、2つあったカランが一つになりました(泣)
しかし、お風呂で裸でうどん………おもしろそー
近所だったら参加したいくらい。
Commented by cinnnamonmon at 2007-09-14 22:26 x
やったことあるよ、何度も!子供の頃、親戚やご近所でお風呂が新しくなるとお呼ばれしました。お風呂の前には何玉もうどんが用意されていました。で、我が家も岡山で家を購入した際、慣例に乗っ取ってやりましたさ。京都出身のダンナさんはそういうの喜んじゃって。でもね、KOBATOYAさん・・・お風呂に浸かって熱いおうどんを食べるのは結構大変なんです。食べても食べても減らない、みたいな。途中で何度も自分のその状況に笑えてくるというのもあります。どうやらこれは四国~岡山の一部にかけての奇習?のようですね。皆さんに振舞ったらチュウブにならないんだとか。あ、うどん食べてぇー。
Commented by 木鳩屋 at 2007-09-15 00:58 x
>marineくん

水まわりは何かと不具合が生じるよねぇ、年月とともに。
浜松ではうどんを食べる風習はない??

>cinnnamonmonさま

チュウブってあの、岡山弁で言うところの中風ですかね。
お招きにあずかる方も大変なんですねぇ~。
Commented by cinnnamonmon at 2007-09-15 16:16 x
そうそう、あの中風。何だかよく分らないけれどそう言われて納得してしまういい加減な私。でも中風にならないのは招いた方か招かれた方か?謎です。
Commented by michel at 2007-09-17 10:57 x
おやー?
私も何となく記憶にあります。
おばあちゃんちと、御前道のお宅で、新しい風呂のお披露目に与ったことが・・・
もっとも、子供だったので、うどんではなく、風呂上りにハンバーグをいただいたのを覚えております。
同時に親はうどんをいただいていたのか?
そこは記憶にないけど、多分いただいていたのでせう。

しかし、私がほんとに幼いころだから、貴女は生まれていなかったかもね~。
Commented by 木鳩屋 at 2007-09-17 22:37 x
>michel姉上様

先日、御前道でお風呂を新しくした際、母は行ったそうですよ~。
私は行けなかったんだけど…。
次回帰省の折にでも、我が家でやってみるか!
Commented by michel at 2007-09-18 14:36 x
いいですねえ、やりましょう!
きっとうちの夫は嬉々として大量のうどんを食べることでしょう。
もちろん、めんめん大好きの息子も!
<< 渋皮煮の栗 無花果 >>