ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

信州へ行きました

岡山は暑いですね~。夜になって涼しくなりましたが、日中はまだもわもわします。
私は28日から三泊四日で信州へ出かけておりました。
大学時代の友人を訪ね歩き、お世話になりっぱなしで、涼しい涼しいを連発しておりました。

f0131641_2051311.jpgそしてこんな本と再会しました。
安曇野のちひろ美術館にて。
がまくんとかえるくんの友情をさりげなくやさしく描いた絵本。
これを子どもの頃、ずいぶん読んだのではないかと思います。しかしはっきりとは思い出せない。でもなんとなく…と気にかかり、買った。買ってしまった。
『ふたりはいっしょ』『ふたりはいつも』『ふたりはきょうも』など数冊のシリーズになっているようです。
幼少期の記憶に刷り込まれた古い絵本を、今になって掘り起こして追い求めてしまうのはなぜなんだろうなぁ。かわいーんだ、このふたり。

f0131641_20554840.jpgちひろ美術館の入場券はこんなの。
タグになっている。
一隅でクラウディア・レニャッツィの絵本原画展も小さく開催中で、これがとてもよかった。お米や毛糸や枝など、絵だけでなく様々な素材をはりつけて画面を構成する、そのアイデアがおもしろい。丸太みたいな猫がまたかわいい。たまらんー。

絵本の歴史や世界の絵本作家の紹介で、記憶に残る大好きな絵本のいろいろをはっきりと思い出せたのもよかった。
f0131641_21414486.jpg
安曇野は美術館がたくさんあるところで、それに加えて作家のアトリエや工房もいっぱい点在している。それらを訪れるのに便利なアート&クラフトマップがこれ。
この地図は表紙もだけれど中のイラストがかわいらしくて、こっそりニホンカモシカやクマなんかも地図中にかきこまれている。
環境が作家を呼ぶのか、ものづくりをする人たちがずいぶん集まる場所なようです。
背後に山々峰峰、眼前には田園風景。気持ちよく創作できそうではあります。
11月にはクラフト関連のイベントも開催されるよう。おもしろそう。


f0131641_21574979.jpg
f0131641_21581142.jpg


安曇野のほかに、小布施や須坂なども訪れました。
こちらは須坂のクラシック美術館。ちょうど銘仙着物の特別展中。大胆な意匠の着物を眺めつつ、書院の凝った幾何学文様の作りに見入る。

小布施は北斎最晩年の地であり、肉筆の大作、天井絵が残されています。
そしてもちろん栗の名産地。小林一茶の句碑も多くあり、あちこちに「投句箱」がありました。こういうのも、土地柄なのでしょうかねぇ。

大河ドラマの影響を大いに受けて、信州は不思議な盛り上がりを見せていると聞きました。
そういえば上田は市内いたるところ六文銭が跋扈していたなぁ。真田神社に少しだけ立ち寄りましたが、雨がさらさら降っていて、緑がきれいで、なかなか風情のある場所でした。

そして松本でサイトウ・キネン・オケのコンサートを堪能。
赤白ワインを両方きっちりいただいて、いい気分でオケを聞きました。千秋真一くん(『のだめ』ね)みたいな子どもも居ましたが、「コンサートの合間に酒を飲む楽しみは味わえまい」となぜか優越感にひたる私。やっぱり大人はいい…。
ジャケットにタイ、ワンピースにハイヒールなど、おめかしした人たちが楽しそうに集っている会場の雰囲気だけでも、来て良かったなぁと思うような場所。華やか。
そんなふうにして、長野滞在はもりもりと充電できたのでした。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2007-08-31 22:35 | 与太話 | Comments(2)
Commented by だんだん at 2007-09-02 11:22 x
おかえりー!
楽しめた雰囲気が漂ってますね。
また、お話を聞かせてくださいませ♪
Commented by 木鳩屋 at 2007-09-02 20:55 x
ただいま~
信州は楽しかったです。
そして帰ったら大変なことが…。これについてはいずれ書きますが。
<< タルトの季節到来 夏休み >>