ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

すももさん

倉敷は天領まつりの日でした。
駅前からのびる大通りが歩行者天国となり、踊る人がいっぱい。テキ屋さんもいっぱい。駐車場から車を出すにはその大通りに出ねばならぬため、おまつりが終わって交通規制が解除されるまで私は帰れません。
解除は午後10時。つまりこの日ばかりは12時間営業なのでした。
商店街も遅くまでわさわさしていました。

台風のためほぼ強制的に終わってしまったすももの時期。(風でおちた)
しかし収穫はたんまりとあり、毎日毎日たくさん食べているつもりでも、どんどん熟してゆきます。食べるにはちょっと熟しすぎだなぁというようなすももを、今年は煮てみました。

f0131641_0502520.jpg煮始め。
切れ目を入れたすももと砂糖を鍋に入れ、火にかける。
あくがたくさん出る。どんどんすくってとります。
水分がとても多いです。
皮をむいて煮るとこんな色ではないと思う。黄色っぽくなるんじゃないでしょうか。皮と一緒に煮て、皮の色をしっかりうつしてやります。

f0131641_0504835.jpgある程度煮ると、皮がやわらかくなるので、頃合いをみはからって火を止め、裏ごしして種も除ける。
再度鍋に入れて少し煮詰めます。私はゆるめのソース状くらいで火を止めます。
もう少し煮詰めたほうがいいのかもしれませんが。

なかなかきれいな緋色です。
梅ほどではないけれど、酸味は強め。シャーベットに向くと思う。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2007-07-21 22:42 | 店話 | Comments(2)
Commented by だんだん at 2007-07-22 13:55 x
きれいな色だねー。
すもものシャーベット、おいしそう!
Commented by 木鳩屋 at 2007-07-23 00:24 x
そうでしょ~。すもも2回も煮たから、いっぱいできてしまった。
<< いつまでもまく ヘーゼルナッツ >>