ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

不測の事態

朝、時間が少しあったので庭の松をぱっちんぱっちんと剪定していると、
右手親指付け根を蜂に刺される。
慌てて軍手を脱いで刺し痕を思いきり噛むが遅し。
傷口から動悸が打つような痛さ。しびれるのと似た感じ。
母に「刺された」と泣きつくと、内科に行ってすぐ注射をうってもらえと言われる。
片付けもそこそこに、徒歩1分の内科医院へ。

受付で「蜂に刺されました」と言うと、「じゃあすぐ見てもらったほうが」と順番を飛び越して診察してもらう。ありがたい。

先生「蜂はミツバチでした?アシナガバチ?スズメバチ?」
私「ミツバチではありませんでしたから、アシナガバチかスズメバチのどっちかです」
蜂が違うと出す薬が違うのだろうか…などと思いつつ答える。
(これについては帰宅してから母とアシナガバチとスズメバチの見分けがつくかで頭をひねらす。二人とも曖昧なのであった。)

グリセリンだかグリコーゲンだか何かの注射をぷつっと打ってもらうなり、
右手の動悸がすーっとおさまった。おそるべし西洋医術。
あとには腫れと痛みが残ったが、これも実生活に支障があるほどではない。
ただ右手がぷっくりしてえくぼまでできて、ずいぶんとかわいくなってしまった。

私の母は手を何度か蜂に刺されており、そのたびに赤子のようなというかグローブのようなというか、そういうふくらんだ手になってしまったので、このたび蜂に刺された瞬間私の頭をよぎったのは「グローブ状になった自分の右手」であった。
そんな手じゃ作業もできゃしねぇ。
せめて指は腫れないでくれ!
と祈りが通じたのか、対応が速かったのが幸いしたのか、私の手はグローブにならずに済み、明日からの仕事も大丈夫そう。
よりによって手に傷なんか…と、まったく生きた心地がしなかったです、待合室で。
こういう不測の事態が生じるたびに私の脳裏では、「廃業になった時の手順てびき」が書き加えられてゆくのであった。

家に帰ってさきほどの松をよーく観察してみたところ、ありました、蜂の巣とそれにさばりつく蜂が一匹。
母はさっくりと殺虫スプレーで昇天させておりました。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2007-05-31 21:55 | 与太話 | Comments(3)
Commented by だんだん at 2007-06-01 08:17 x
うわーっ よかったねー。
私は”スズメバチに刺されたらもう終わり(最悪の事態)…”と
教えられて育ったので、文面を読みながらかなりあせりました。
よかった、よかった。 

えくぼちゃんの手もかわいいっしょ? 
(私はえくぼ手なのよ) お大事に!
Commented by るー at 2007-06-01 11:27 x
スズメバチに一度刺されると、体内に抗体ができて、それがアレルギー反応を引き起こすようになるのよ・・・。
だから、一度目はよくても、二度目に刺されると「アナフィラキシーショック」ってのが起こって、呼吸困難、全身の貼れ、ひいては死に至ることもあるのねーん。すごく危険です。
できれば、自分が刺されたのがどっちだったのか、きちんと把握しておいたほうがいいよ。今後のためにも。
巣の形状でわかるんじゃないかな? どんなのか覚えてる?
Commented by 木鳩屋 at 2007-06-01 20:42 x
>だんだんさん

えくぼ手は儚くも一日の命でした。今朝起きたら普通だった。
「かわいかったのに」と何やら残念そうな母。
だんだんさんのえくぼ手、今度見せてね。


>るーちゃん

家の庭を飛び回っている種なので、おそらくアシナガバチではないかと。
刺されて15分までアレルギー症状が出なければ、命に危険はないそうです。
アレルギー症状とまではいかずとも、刺されて直後は心臓がずんずん響いてる??というくらい痛かったですわ。こりごり。
<< 更紗古更紗 スカボロー・フェア >>