ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

スカボロー・フェア

ご近所さんと「今日みたいな陽気だと、眠気がついちゃいますねぇ~」と挨拶する午後。
こんな暇で時間がたーっぷりあって、気温も上々(??)となれば、パンかしらん。
というわけで、今日の午後はパンを焼きました。久しぶりです。

f0131641_20333677.jpg
2種類。
プレーンな食パンと薬草パン。
奥の大きいのがプレーン、
手前二つの山山しいのが薬草パン。


今日こそは今日こそはといつも食パンを角食にすべく、試行錯誤はつづきます。
堀井和子さんのレシピ。
しかし今日も報われず、山食どまり。
発酵には最適の気温だし、調子が良さそうだったのになぁ。
釜のび(焼成時に生地がぐっと持ち上がることです)がいまいちなのです。

薬草パン、本名ハーブブレッド。
乾燥タイムと乾燥オレガノを混ぜたもの。『トラピストの素朴なお菓子たち』より。
ハーブを計量せずばさばさ混ぜてしまうので、うすら苦く、いやに薬っぽい味になってしまった。でもなんであれハーブの香りを好むので、苦いのは平気。おいしい。

堀井さんの配合はバターが入らないので、発酵のみきわめが難しいのであろうか。
薬草パンには少しバターも入ります。すると生地の状態もきれいだし、焼成の釜のびもよい。
ほんの大匙一杯ほどのバターでこうも違うものか、というくらい違う。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2007-05-29 20:48 | 試作新作 | Comments(2)
Commented by るー at 2007-05-30 14:11 x
パンぱんぱん。(笑)

山も好きだけどなあ。角って、焼くの難しいんだ・・・。
近けりゃ買いにゆくのだが・・・
Commented by 木鳩屋 at 2007-05-30 20:49 x
何がどうまずいのかよくわからんが、私は今まで角にできたことがない。
あ、パンは非売品なの。趣味なの。
<< 不測の事態 流転 >>