ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

ヘルシンキのソウルフード(再)

朝、空腹に耐えかね厨房でカルダモンの入ったチャイを作って飲む。
おもしろいことに体調や気分で、日によってとりいれたいスパイスは違うもの。
今日はそれがカルダモンであったらしく、チャイを飲んでもまだカルダモンがほしいような。
よし、ならばシナモンロールを久々に!とこしらえたのでした。

f0131641_20391577.jpgこのシナモンロールは、「かもめ食堂」のパンフレット掲載のレシピです。
なぜカルダモンなのにシナモンロール、と思われるでしょうが、このシナモンロールにはカルダモンが入っているのです。もちろんシナモンも入っております。
北欧ではカルダモンはよくお菓子やパンに使われている、と物の本にはあります。清涼感のある、少し独特な風味をもつスパイス。消化促進や口臭をおさえる薬効があるそうです。
このスパイスを嗅ぐと私はいつも、昔アルバイトをしていたインド料理店のインド人シェフが作ってくれたチャイを思い出すのですがね。
そういえばインド料理を食べた後に、氷砂糖と一緒に口にふくむのはカルダモンではなかったかしらん。それともフェンネルだっけなぁ。

ちなみに店の看板、国際版側の絵柄がカルダモンです(以前にも書きましたっけ)。見えにくいけど。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2007-05-18 20:46 | 試作新作 | Comments(0)
<< もぐもぐ 夏は来ぬ >>