ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

夏は来ぬ

卯の花の匂う垣根に
時鳥早も来鳴きて
忍び音もらす夏は来ぬ  (佐々木信綱)

というわけで立夏も気づけば過ぎ、暦の上では夏。
(と母に言われて「ぎゃー」と気づいた。夏…。私を含め菓子屋の最も嫌悪する季節…。
いえいえまだまだ初夏ですわ。初夏はえぇよいのですわ。などと往生際の悪い人がここに。)
卯の花も咲く時期です。
そして今こんな花も。

f0131641_21305055.jpg定家蔓の花がちょうどよい具合。
謡曲『定家』に出てくるのがこれじゃ!と祖母に分けてもらったもの。能舞台の作り物では2メートル近くあるのでは。さすがにそこまで茂るにはまだまだ月日が足りません。
もう20年くらいたてば、おそらく。
貰ったときは15cmほどの紐のように頼りない挿し木でしたが、今ではこんなに。

そろそろこの鉢も一杯になってきたようなので、植え替えせねばなりません。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2007-05-15 21:37 | 与太話 | Comments(0)
<< ヘルシンキのソウルフード(再) クラフトイベントにて >>