ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

厨房(用)庭園

f0131641_23194026.jpg

お勝手から出る側の土地に、少しずつ植物を増やしています。
放っておくと草だらけになってしまうし、何か植えておけば草を抜く張り合いもできるし。
せっかくなので、ハーブ。厨房のすぐ外にはやっぱり欲しい、夢の(?)ハーブガーデンです。

コリアンダーの花が咲きました。
花もやっぱりコリアンダーのにおいがします。

f0131641_23195080.jpg

ディルの花ももうすぐ。
お店で売られていた最後の一株で、弱そうに見えた株でしたが、よく伸びてつぼみをつけるまでに育ってくれました。
よかったよかった。
背後の青とピンクは矢車草。

f0131641_23201680.jpg

去年収穫し切れず、立ち枯れてたくさんこぼれ種を残したプチトマトがあちこち生えて、花が咲き始めました。
もう青い実もちらほら。ハーブではありませんが。

ハーブじゃないものは、たいてい種をとっておいたり食べきれなかった野菜(里芋など)を埋めておいたら発芽したものです。だからじゃがいもやかぼちゃ、冬瓜、芹、紫蘇、三つ葉などけっこういろいろ自由に生えてきました。
果物の種も片っ端から埋めているので、そのうち果樹も発芽してくれたらいいなあ。

f0131641_23223146.jpg

冬に食べて残る百合根の芯の部分を、埋めておいたら花が咲くよと教えてもらいました。
動物が掘り返して食べておらねばよいがと心配していましたが(何せ家の裏は野生の王国)、暖かくなると発芽し、いつのまにかぐんぐんのびて、もうすぐ咲きそうになりました。あの白い百合根から赤い花が咲くというのが、なんだか不思議なような。
なんとなく白い花が咲く気がしていました。









[PR]
by kobatoyakigashi | 2016-06-12 23:53 | 店話 | Comments(0)
<< すっぱいものどうし 枇杷の木 杏の木 >>