ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

リュスティックふう

f0131641_20442796.jpg

寒くなってきました。いよいよいちじくも終わりと思っていると、よすぎるほどのタイミングで親戚からどっさりそれはもうほんとうにどっさりと到来する。母と顔を見合わせて「どうする…」と途方に暮れそうになるが、眺めているうちにおいしそうなのでぱくぱく。ぱくぱく。おいしいけれどもうちょっと凝縮されてもよいなと思いながら食べるうち、ドライいちじくにしてみたくなる。
皮ごと4つに切って並べ100℃のオーブンで1時間半ほど加熱するとこのように。家のオーブンは風が強いタイプなので、乾燥させるにはちょうどよいようでした。セミドライ程度です。
少なく見えますね。30センチ×40センチの天板2枚分いちじくを30~40個ほどは切ったのだけどドライにするとほんのお皿一枚分。それでもまだたっぷりあった残りのいちじくは、母がジャムにしていました。

f0131641_2049146.jpg

バターケーキに焼き込んでと思っていたのですが、いちじくだけが入ったパンを食べたくなったので、やっぱりパンになりました。奥はざっくり生地に混ぜたもの、手前のは少ししっかり混ぜ込む感じでこねたもの。パンの配合は堀井和子さんのバターなしの、いつものです。
パン生地としてはかなり表面がざらっとした、リュスティックふうとでもいいたいような焼きあがりになりました。つるんとしたきれいなのじゃなく、野蛮な感じのパンにしたいなぁと思いながら作りましたので、ざっくり上がってきたこの景色に満足。
こんな贅沢にいちじくを使ったパン、まかないならではだ。


f0131641_2046286.jpgパンついでに。
ライ麦と全粒粉の少しずつ混ざったパンを焼きましたのも。

イーストを気持ち控えめにして、発酵時間をゆっくりめにとるようにした。シンプルな食事パンです。くどいようですがまかないです。

シンプルなのを焼くと、自分がどの程度なのかよーくわかってしまいます。


[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-10-29 22:45 | 試作新作 | Comments(2)
Commented at 2010-11-07 14:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kobatoyakigashi at 2010-11-07 21:51
そうでしたか。そうとは知らず…。
落ち着いたら近況など知らせてくれると安心します。
私はこのとおり相変わらずマイペースにやってますので、
またのぞいてやってね。Kちゃんにもよろしう。
<< 霜月! やっぱりパンを焼く >>