ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

秋の声

f0131641_0205382.jpg

先日のこと、仕入さんからクリスマス菓子の講習が8月末にあるとのことで、よければ参加されてはとお声をかけていただく。そのときはお盆前の真夏まっさかり。冬の到来なぞ100年先と言われてもおかしくないほどの暑さでした。ましてやクリスマス、いつの話しですかそれはとしばし呆然とした。
それでも季節はゆるゆると移っていて、そのときの状態と今もってさほど変わりはないようなのですけれど、さすがに8月も終わりとくればいつまでも冷たい菓子ばかりは作りたくなくなってきます。さようならパイナップル。そろそろタルトを食べたい。いちじくが収穫期に入ってきたので、まずはそれをタルトにします。こんなふうに。

今年はどれくらいとれるのかな、いちじく。

f0131641_0211588.jpg

こちらは先日のお誕生日ケーキ。
中の果物はピオーネ、キウィフルーツ、バナナ。飾りはキウィフルーツとピオーネ、それにとりのビスケット。
しばらく前から葡萄と梨がどんどん出てきていて、うれしい。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-08-26 22:50 | 試作新作 | Comments(0)
<< すばらしいさよなら 灯りをともす >>