ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

日々の昼めし⑰

f0131641_0574057.jpg海苔巻き2種(胡瓜、ぶりの塩焼きをほぐしたもの。ごはんは酢めしではなく、ふつうの。海苔を頂いたので海苔巻きを食べたくて作った)
胡瓜とつぶした梅干をざっくりまぜただけのもの(海苔巻きの胡瓜が余ったので)
f0131641_0575451.jpgふりかけごはん(のりたま)
ポテトサラダ
高野豆腐といんげん豆の煮物

いずれも残り物をお弁当に詰めた。
ふりかけはのりたま、もしくはかつおが多い。
f0131641_058587.jpgかにごはん(かに缶、刻み生姜、酒、醤油、塩、胡麻油少し、鳥ガラスープでごはんを炊く)
ズッキーニのオリーブオイル炒め(塩とバルサミコ酢で味つけ)
f0131641_0581682.jpg炒り玄米入りごはん
キャベツとにんじんとハムのコールスローふう(せん切り野菜とハムを粒マスタードと酢であえる)
納豆2パック
f0131641_0582879.jpg炒り玄米入りおむすび
にんじんサラダ(せん切りにんじん、パイナップル、レーズンをレモン汁、塩、酢であえる)
春巻き(前日の残り)
梅の甘酢漬け(いただきもの)
f0131641_0583960.jpgサンドイッチ(ハムとチーズと胡瓜、たまごとレタス)
クロワッサン
パンはいずれも近所のビーバーズさんのもの。

ポタージュ・ボン・ファム(じゃがいも、にんじん、たまねぎ、セロリのポタージュ)

ポタージュはお見舞い用にと思いどかんと鍋いっぱいに作ったはよいが、あまりにもたくさんできてしまったため、自分用にもしばらく楽しめてしまいました。暑くなってくるとお味噌汁をてきめんに作らなくなるので、汁物は貴重です。ポタージュ作りで楽しいのは、煮上がった野菜をフードプロセッサにかけたあと、ゆっくり裏ごしするとき。フードプロセッサにかけただけでもきれいな色になるのだけれど、裏ごしするともう一段階きめ細かくなって美しいのです。ポタージュを作るたびにうっとりします。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-08-01 22:50 | めし | Comments(0)
<< 菓子以外の話題あれこれ よみがえるマカロン >>