ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

セイミヤナオブミ

f0131641_20481470.jpg

なんとなく気になる展示だったのと「きっと好きだと思う」と言われたのが決め手となって見にゆきました。倉敷市立美術館で開催中の企画展「清宮質文(せいみやなおぶみ)展 遠い日をおもうために」。とても、よかったです。写真は図録の表紙。

「セイミヤ」という響きがなんだかまるで賛美歌の歌詞か何かのようで、静かな印象をあたえる名前そのままに、しんとした作品たちでした。絵のように見えますが木版作品が多いです。作成過程の色あわせメモや手書きの文字もよかった。蔵書票や年賀ハガキもあって、とてもかわいらしい。いくつもの青、いくつもの緑、摺りと紙質のバランスなど、ずっと見ていたかった。この企画展はおそらく巡回展ではなく倉敷市立美術館独自のものなので、その点でも貴重な展示ではないかと思います。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-06-02 22:35 | 課外活動話 | Comments(2)
Commented at 2010-06-04 23:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kobatoyakigashi at 2010-06-05 01:46
あのひと押し、効きました。
もう一回見に行ってもいいかなと思います。
それくらいよかった。

いつもすばらしいお言葉ありがとうございますー。
そう言い続けてもらえるよう、頑張らねばと思います。
<< 日々の昼めし⑮ これより女人結界 >>