ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

カランツ、くるみ、シナモン、バナナ、チョコレート

f0131641_21322969.jpgこちら、カランツとくるみとシナモンのスコーン。スコーンは材料の組み合わせを思いついた順に作ることができる、とても融通のきく自由な菓子。

ローストしたくるみを刻んで粉に放り込み、その粒の大きさに合わせるようにカランツを混ぜて、牛乳と玉子で生地をまとめる直前、シナモンパウダーの缶へと手が勝手にのびてゆきました。にゅるにゅると。やはりこれが普遍で何度食べてもおいしい、好きな組み合わせです。

f0131641_21324211.jpg左はバナナとココナツのタルト、右はチョコチップとレーズンのスコーン。

チョコチップとレーズンが、お互いに擬態なのがおもしろいなぁと思って使いました。全粒粉とチョコチップのスコーンをとある場所で食べておいしかったので、私もと思って焼いてみました。

スコーンの自在さはパンに通じる。パン生地だともっと軽く食べられて、そういうのもよいなと思います。発酵待ち時間のあれこれを想像するとついスコーンになってしまうわけですけれど。

いずれの菓子も、常時ではありませんがときどき店頭に出しているものです。お見かけの際は、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-04-20 21:59 | 試作新作 | Comments(0)
<< こやまのぼり ライ麦ビスケット >>