ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

パン屋さんのようにはゆかないけれど

f0131641_20423815.jpgパン試作①
全粒粉のパンを焼くも発酵不足あるいは窯のび不足、角食ならず。
f0131641_20424714.jpgパン試作②
チョコレートがけスライスアーモンドやチョコのコポーやりんごのブランデー漬けなどあれこれ残りものを生地に混ぜ込んでパンを焼く。生地量不足のため、角食ならず。
丸いのと角いの、2種類の大きさに分割したため。
f0131641_20425657.jpgパン試作③
白いシンプルな生地で角食、焼けました。うれしい。
底がもうひとつぴっちりとした角になっていないのが残念だけれど、蓋まで詰まったパンを見たときのうれしさは大きいものです。パンのこつや勘どころが少しだけつかめたような。

いつまでもパンばかり焼いているわけにはゆかぬのだが、ひまを見てはパン生地をこねてしまいます。イーストをおこしたときのあの納豆臭に似た菌類の香りがたまりません。パン生地がオーブンで焼けていく、あのこうばしい小麦の香りもよいもの。
天然酵母は時間とのかねあいが難しく、私の手には余ります。ので、専らインスタントドライイーストを使ったパン作りです。

f0131641_20432241.jpg

こちらは先日のお誕生日ケーキ。チーズケーキ。プレートのかわりにクッキーを焼きメッセージを添える。飾りは少しのクリームとキウイフルーツ、それに開花期のローズマリーとミント。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-03-22 21:09 | 店話 | Comments(0)
<< みどり色のケーキ 日々の昼めし⑫ >>