ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

日々の昼めし⑫

f0131641_2161091.jpg炒り大豆入りごはん、
味噌汁(油揚げ、ねぎ、しめじ)、
大根の漬物、
昆布の佃煮
f0131641_2162886.jpg残り物焼き飯(ねぎ、玉子、しめじ、生姜)、
焼き油揚げの生姜醤油かけ
f0131641_216434.jpgにんじんご飯(にんじんと油揚げのせん切りと帆立の缶詰を汁ごといっしょに炊く。醤油と塩、砂糖すこしで味付け)、
味噌汁(えのき、油揚げ、ねぎ、じゃがいも)、
菜の花のおひたし、
ゆで卵、
コロッケ(さしいれ)
f0131641_2165872.jpg玄米粥、
大根の漬物、
梅の甘酢漬け(いただきもの)
f0131641_217796.jpgしゃけ入りおむすび、
味噌汁(油揚げ、ねぎ、しめじ)、
大根の漬物

にんじんご飯は向田和子さんの本『向田邦子の手料理』より。この本を買ったのはかれこれ15年ほど前になります。高校生のときから欲しかったのを、大学に入ってようやく買えたという思い出がある。これを見て、京都の味噌松風を買いにいったものだ。
料理本はすぐ絶版になってしまうものが多いのだけれど、この本は今でも本屋さんに並んでいるのを見かけます。向田さんの作り方では具はにんじんと油揚げだけ、出汁で炊きます。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-03-19 21:26 | めし | Comments(0)
<< パン屋さんのようにはゆかないけれど 角食 >>