ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

フォカッチャのおふとん

ザルツブルグ土産に岩塩をいただきました。岩塩なのでミルが要るな、と思いながら塩用のミルを見つけられないまま数年が経ち、先日ふとペッパーミルでも用途は同じだし構うまいとそれを購入。しかし買ってから気づいたことに「岩塩に使用しないように」と書いた紙が入っていた。さびるからか、きっとさびるからだな、いいや少々さびても(私物だから)、とその紙は見なかったことにして岩塩をざらざら入れてためし挽き。よし挽ける。この岩塩、使いたい。フォカッチャでも焼くか。

f0131641_22185133.jpgそんな経緯でオーブン皿いっぱい、ふとん大のフォカッチャを焼きました。

焼く前。
このサイズは成型をさぼったからではなく、本のとおりに従ったのです。
DKbooks料理シリーズの「BREADS」より。大きく焼いてから切り分けるのです。
f0131641_22185822.jpg焼けた焼けた。

岩塩はおいしかった。畑でちょん切ってきたローズマリーをたくさん刻んで生地に混ぜ、焼成時にも上にたっぷりふりかける。オリーブオイルもたっぷりかける。するとトースターで再度焼いて食べるときに、かりっとしておいしいのです。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-02-16 22:46 | 店話 | Comments(0)
<< ふわっとしたスフレチーズケーキ 幕の内ヴァレンタイン >>