ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

黒いフィナンシエ

f0131641_220620.jpg

黒い菓子第二弾、チョコレートのフィナンシエが出ています。チョコレート菓子(トリュフやらボンボンやら)をおいしく美しく作ることが私の仕事ではない、というのはチョコレートテンパリングからの逃避のような言い草。そのかわりというかやはりどこまでいってもというか、焼き菓子屋らしくどこまでも焼いてゆきましょう。このセリフ前にも書いたような気がする。

ココアとチョコレートが生地に混ざっています。ココアが入ることで甘さの抑制になり、表面にはグランマルニエ酒をぬって仕上げていますので、後味がほのかにオレンジ風味がしてさわやかです。生地そのものに柑橘類のピールやベリーなどを混ぜてもおいしいと思う。これにはそういった果物は混ぜていませんが。

本とCDの整理。
もう二度と本は処分すまいと思って何年も過ごしてきたのですが、心を入れ替えました。庄野潤三の本を本棚におさめることを目標に、本棚一掃計画が進行中。確定申告の準備という憂鬱な義務がすぐ目の前にあるからこそのこの計画。はかどりません。CDは半分くらいになり、まずまずの成果。庄野潤三、講談社が少しずつ文庫を増やしていますが、まだ読めないもののほうが多い。手に入りにくい。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-01-28 22:27 | 試作新作 | Comments(0)
<< 今年も金柑 巻きパン >>