ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

迦陵頻伽の年賀状

近所じゅうで顔をあわせれば年始のご挨拶、というのもそろそろ落ち着いた頃。日常。と思えば明日から巷は3連休とか。それが終わればいよいよ本当の、と身構えたくなるほどの「閑日」が商店街を覆います。寒いときにわざわざ外出したくはありませんよねぇ、できれば。
f0131641_211851.jpg
こちらは年賀状に使用の、久方ぶり(カッパ以来)となる消しゴム判子作品。迦陵頻伽(かりょうびんが)という顔は菩薩形の鳥。シンバルのようなものを持っているのは、楽器を奏する鳥ゆえ。極楽浄土にいるそうです。朝鮮の彫刻で「迦陵頻伽立像」というのを参考にしました。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2010-01-08 21:22 | 課外活動話 | Comments(0)
<< 日々の昼めし⑨ 仕事はじめ >>